ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

レインボーと言えば・・・・

レインボーと言えば・・・・

ロックなキミならば、

ブリティッシュバンドのメンバーチェンジが半端ない、やめていったメンバーでバンド3つ以上はぜったいつくれるし、
組み合わせならもっといっぱいバンドがつくれるであろう、リッチー率いる

RAINBOW

だろう。

それとも、レインボーと言えば、

カリフォルニアジャム‛74のステージのバックの大きな虹

とか、

そのデザイン、レトロな感じがして

わたくし的にはレインボー = 70s 

レインボーはデザイン的にも1970年代を思わせるクールで可愛いアイテムなのである。

色あせたジーンズにレインボーのパッチアップリケとか
 SOOOOO ~~ 70S!!




それがだ、

ここ近年、そのクールでかわいいレインボーのイメージが大幅に変わりつつあるのだ。


今や、レインボーはゲイのシンボル。
ゲイパレードなど、レインボーの7色の旗を振り回しているし、
レインボーカラーのグッズなども売っている。

レインボーカラーを身に着けていると、
「私はゲイです」
と言っているようなものらしい。


この前なんか、父の日のプレゼントのロックTシャツ買うのに、
娘と街に出た。
去年あたりから、我が家では父の日のプレゼントはT-シャツとなってしまっている。


ピンクフロイドのアルバム  Dark Side Of The Moon のジャケデザインのT-シャツをみつけたので、

「これ、たぶんダディーは好きだよ。これにしよう」というと、

娘は

「こんなの着たらダデイーはゲイに間違われるよ!」 と言い捨て、却下された。


えーーー!

それさえも~~~????!!!


プリズムによる屈折光でさえもゲイなのか!!!!!
レインボーちゃうし、それ。

こっちまでレインボーカラーに敏感になるではないか。

まあ、彼女は多感なティーンエイジャーであるからして、
レインボーのデザインケーキとか見ても「これゲイ用?」とか言ったりして、 おふざけにしても
そんな感じで、レインボー=ゲイ というイメージを今の若い世代は刷り込まれていっている


イメージこそがすべて

な傾向にある今日( こんにち と読んでくれ。)

70sぽくってクールだ。と思って、レインボーのデザインの何かを身につけることで、
自分の意とは異なった、間違ったインフォメーションを世間に発信してしまうということは、

悲劇だ。


私的な感情のみでいうと
はっきり言って迷惑。
なぜ、レインボー。
ほかの何かをイメージとして使ってほしかった。

別にそういう人たちにたいしてアゲインストではないけれども、

レインボーのあのレトロで70sなクールなそしてかわいいイメージを返してほしい。
わたくしの好きなクールで70Sレトロのレインボーが、ポリテイカルコレクトネスの、もしくは思想めいたことに
発展しそうな種になるかもっていうのが
いやだな。

 が、

もともと1960年ぐらいまで GAY という言葉は ハッピーとか FUN という意味だったらしいが、
いつの間にか ゲイ 同性愛者 という意味にすっかり変わってしまったらしい。 
そんな風に言葉はどんどん変わっていくので、イメージ的なものもどんどん変わっていくのだろう。

これも浮世のなせる業 しかたあるまい。


それと、



どうなのよこれ。と思うところは、
イギリスでは、
学校教育でも
レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーを必要以上に押しているようにしか思えないところ。
学校内トイレも、男女共同にするとか、
絶対ありえへんし。

イギリスお得意の
行き過ぎた
ポリテイカルコレクトネスは秩序を、プライドを崩壊させる。

ように思う。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

マッシュルームたち

「マッシュルームを育てようキット」 を買ってみたので、

いざ、
育てよう!

Grow your own mushrooms!!

DSC02826.jpg

説明書を読むと超簡単


まず、
このキノコの菌が住んでいるこのおが屑のようなものに水をスプレイして暗い所に2日置く。
DSC02827.jpg

うわっ、
なんと、偶然にもバックグラウンドにはビートルズが。
しかし、せっかくなので、
青盤ではなく

赤盤(1962年~1966年)に変えよう。


2日経って、
付属の土をふわっと菌の上にかける。

DSC02832.jpg
 うんうん。これこれ。赤盤 初期。 マッシュルームヘアーと言えば初期ビートルズ。
初期ビートルズと言えばマッシュルームヘアー。しっくりくる。気分的に。

あ~~。つーーか、、、、この写真、誰がマッシュルームヘアーなんだ??
リンゴとかロカビリーヘアなんだけど、まあ、細かいことはおいといて、



次々、
マッシュルームを育てよう!

後は、Love Me Do (Please Please Me でも、She Loves You でも、All My Lovingでもよろしい。とりあえず赤盤に入ってる曲)を 口ずさみながら、毎日スプレイで水やりを忘れずに、暗い所に置く。

10日~12日ぐらい経っただろうか、

おやおや、白いものがでてきたよ。

DSC03245.jpg

次の日、箱をあけてびっくり!
一晩でこんなにも成長しました。
マッシュルーム!
DSC03285.jpg

DSC03289.jpg

元祖マッシュルームたちも(元祖ってどっち。どっちでもいいよ。)うれしそう。
特にジョン。

そして次の日。じゃーーーん!

DSC03333.jpg

そろそろ収穫どきかな。

DSC03334.jpg

どうだ!これ!
myマッシュルームだ!ビートルズ初期だ。



つーか、
・・

・・

・・

・・・あれだ。





こびと図鑑。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


JAPAN ・MANGA ・アニメ ・デイヴィッド・シルヴィアン


先日、日本人の友達とランチをした。
彼女と会うのはよく考えてみるとかれこれ7,8年ぶりだ。
おなじCITYに住んでいるのに、そんなに会っていなかったとは、お互いなにかと忙しかったのだろうし、
そんなにも歳月が過ぎ去っていることを感じ取れてなかった。というのが本当のところだ。

ふとしたことから、、昔の少女漫画の話で盛り上がり、
ああ、やっぱり漫画はすごい!
やっとヘゲレス人も漫画の本当の凄さに気付きはじめたな。
おそいねん。奴ら。
みたいなライトディスもいつものようにまじえながら和やかな時間を過ごした。

わたくしは、娘の友達のジェスから最近の(と言ってもかなり遅れているが。)漫画、アニメを教えてもらって、
ナルト、デスノート、を観たら超~~面白かったと言ったら、

そうなんだ。今度チェックしてみるよ。
そうね、わたしがはまったのは
「モンスター」という漫画。 知ってる? おもしろいよ。
わりと前の漫画だけど、アニメにもなってるよ。

ああ。。これこれ、この感じ。
この会話。この情報交換。
これこそがわたくしが求めていたもの。
なんでも、
娘もダンナも、そしてわたくしのまわりの人々は漫画にキョーミがないようで、
どんなに、ナルトが面白いか、どんなにデスノートが面白いか熱弁するも
かなりの温度差をその後、いや途中から感じ、いつもひとり南極大陸だった
わたくしであるからして、
嬉しい。
ウレシイではないか。

久しぶりに友と会うのは楽しいし、
それに、
引き出しをいっぱい持っている人と話すのは楽しい。

前置きがいつものように長いが、ここから本題。


漫画 モンスター
 浦沢 直樹 (著)

さっそく帰ってアニメを観てみた。

おもしろい!いつものように夕ご飯の支度をするのも忘れて5話連続鑑賞。
5話で止めておこう。マイルール。

調べてみると、1994年から2001年までの連載。アニメは2004年からしい。
えーー。かなり昔。
いつもの、今頃になってはまる英国在住邦人A。ということだ。

内容もぐぐっと引き込まれるのだが、

それよりもさらに、さらに、
わたくしが、

こ、これはっ! と身を乗り出したのは

そう、

エンディングソングのクレジットを見たときだった。

for the love of life 
 デヴィッド・シルヴィアン 
   だと~~!?

❤JAPAN   の デヴィッド・シルヴィアン  ❤



JAPANはイギリスのバンド。 
(知らない人、説明めんどくさいので、各自WIKIで調べてね。)

当時、中坊のわたくしたちはこう呼んでいた。美形バンド
うつくし~~~!!




クイーンと同じく、JAPANは本国UKでは全く売れず、その名の通りJAPAN 日本でいきなりブレイク!!
UK逆輸入。
クワイエットライフだっけ。HITした曲。 ああ、懐かし。

どことなく、デヴィシルはボウイに似てる。
あと、バナナラマの真ん中の人とか。

弟のスティーヴ・ジャンセンがわたくしのお気にだったなあ。

皆、けだるい感じが素敵だったな。アンニュイ。

こんなミーハーですまん。
いや、でも、当時洋楽女子はみんなミーハーだった。そこのあなたもそうだろうよ。

洋楽女子は美形好み。美しい人好き。


これを機会に、
JAPAN おさらいしてみようかな。



久々に会った友からのおすすめの全く知らなかった
漫画「モンスター」から→→→JAPAN

ああ、つながっている。

またもや、

点が

線になった。

「モンスター」ホントにおもしろい!はやく続きがみたい。 それに、今度ジェスが来たら、「モンスター」知ってる?と自慢げにすすめてみよう。
オープニングの曲もグッド。
では、
何をいまさらとお思いでしょうが、David Sylvian - For the Love of Life


なんだか、ヨハンがシルヴィアンに見えてきた・・・・

最近Y・M・Oにはまっていたので、
なんてグッドタイミング。
シルヴィアンは教授とお友達。
わたくしもお友達になりたい。。。。。。





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

映画「ナポレオン・ダイナマイト」 キモいけど胸キュン

この前、テレビで

映画「ナポレオン・ダイナマイト」 をやっていたので

家族で観た。

この映画はぜひとも娘に観てほしかったので、ちょうどいい頃合いにテレビでやってくれて
ラッキー!

はじめて観た時からもう7,8年は経つだろうか。時の経つのが速いことにぞっとしている。


わたくし、青春ナイーヴ胸キュン系映画大好きなのだ。

主人公の高校生ナポレオン君が、超キモイ。
ナポレオン君のみならず、兄ちゃんのキップ君もかなりキモいし、おじさんのリコもかなりヤバい。やたらと不条理なことをナポレオンにしかけてくるのだ。
そんなキモいヤバい生活環境のなかで
ナポレオン君、
キモイなりにキモ道を極めてるあたり、

かっこいい。

青春ナイーヴキモキュン映画。 と名付けよう!

ナポレオン君、キモイので彼のお友達ペドロもキモく、
そのペドロが何を思ったのか、生徒会長に立候補したので、もう一人の立候補者の当選間違いなしと思われる、イケてるグループのサマーちゃんと一騎打ち。


キモいグループVSイケてるグループの対決となるのだが。。。



キモくても何事も一生懸命に練習をして成果をだすとみんなに認められる。
かっこつけてても、中身がないと意味がない。

ということを

この映画は教えてくれる。

アメリカ映画にしてはめずらしく、ヒューマンコメデイタッチの映画。

観た後、ほんわか、ハッピーな気分になる。

ティーンエイジャーの方は是非とも観てほしい。大人も。

では、ナポレオン君がペドロ君の為の選挙応援で披露したダンスのシーンをどうぞ。



「Vote For Pedro」のT-シャツ、欲しいかも。

そう言えば今週木曜日8日、UKは選挙だわさ。
ナポレオン君みたいな選挙応援のパフォーマンスの方に1票!!!
って、選挙権ないっす。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ラジオ・スターの悲劇。そして今や・・・・

バンドっていいな。
バンド活動ってかっこいいな。

男子だったら、バンドやってたら女子にモテるじゃん!。とか、
女子だったら、バンドやってたらかっこいいーし~、目立つし~~。とか。、

そんな 不純な動機もふくめてバンドっていいな。正直で。


けれども、
花形モテ系であるはずのバンド小僧。今や激減。。。。

イギリスでは、ここ最近ギターを抱えたロック少年少女など、めっきり見かけなくなった。
シティーセンターのバスキングとか、マジ系のおじさんとか多いし、、最近ではカラオケで歌ってるし。

若者の楽器演奏率はばくっと見渡して比べても日本の方が圧倒的に多いと思う。
家の近くに学校(中学高校、カレッジ)があるのだが、道行く学生でギターを抱えているのは
うちの娘くらいだ。悲し~~~。

これもすべて、くだらんXファクターのおかげだろう。
とりあえず、歌かダンスでOK~~~!ブリテン’ズ ゴッタ タレント!みたいな、大きな勘違いを英国民に与え、残念なことになってしまっている。

そして、さらに、若者は
モテるためにギターやキーボード、練習なんかウザい!
人との付き合いウザい!

そんな練習なんてウザいことしなくても、
速攻みんなに見てもらえる、モテる、目立っちゃうことができるすべを知っている。

それは、

YOUTUBE



昔、バグルスというバンドの
「Video Killed The Radio Star.」 「ラジオ・スターの悲劇」という曲があったが、

今や、

「YOUTUBE KILLED THE ROCKSTAR」  「ロックスターの悲劇」 だろう。

ユーチューバーが ロックスター、バンド小僧をKILLしてしまったのさ。。

バグルスの
その曲は 79年、80年、巷にMTVが洪水のように流れ流れ始まったころで、
ビデオ、つまり、ミュージックTVが 今までのラジオスター、花形職業デスクジョッキー、に成り代わってしまった。
という、
時代が新しく移り変わりゆくという曲ですな。 
アーわ♪アーわ♪(←コーラス)

わたくしこの曲、結構スキ。
当時、シングル買ったし。

わざとだと思われる、MTVのとってもチープでキッチュな出来。
 アーわ♪ アーわ♪(←コーラス)

「ビデオ」のところを「YOUTUBE」に
「レィデイオ・スター」のところを「ロックスター」に変えて歌ってみよう!

ああ・・
字あまり、字足らず。。。。。  ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。。。。。


わたくしとしては、
パフュームにこの曲をカヴァーしてもらいたい。ぜひ。



パーティ行かへん?




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

FC2Ad