ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

マイブーム到来!!~新月~

今回はいきなり本題です。
今、マイブームなのは 新月
和製プログレバンド。アルバム「新月」は79年作

リンク先のトミヤンさんところのブログで知りました。
↓   ↓
ブリティッシュ・ロック ブログ ブリティッシュ愛
http://british-adult.seesaa.net/

ブリティッシュ・ロック・ファンは訪問するべしっ!!

「新月」のCDはこの夏、Cheekyマミーの
日本での重要赤マルお買いものアイテムでして、再発されてもすぐ売り切れてない場合がある。との助言にビビり、日本に帰る前から、メールオーダーで探し、購入。日本の実家に送るようにしました。
イギリスからの長旅のあと、実家に着いて、おかえり~~~!と待っていたのは某レコード店のボックス。中をあけると、「新月」 うれし~~!
が、しかしっ、実家にある音楽を聴くための文明の力なるものといえば、
もはやその機能よりも、その物体の大きさだけを主張しているような、
昭和のラジカセが物置部屋にドカッとあるだけ。
しかたがないので、マミーはただただ、皆が寝静まった後、紙ジャケを表裏ながめ、ライナーノーツを読み、歌詞を読む日々を過ごしました。

母の車にはCDプレーヤーなるものがありました。しかもその車、キーではない、いまどきの車。昭和のラジカセしか持ってないくせに、車はハイテクなのが癪に触るなーって思いながら、
「新月」。車内で聴くか、どうするか?耳から手が出そうなほど聴きた~~いっ!でも、ハイテンションな母と、のうてんきな娘が同乗しているなか、聴けるか??
「こんなところで聴いてなるものかーーっ!!喝ーーっ!!」
それは、まるでまるで、気の遠くなるような空腹感を、コンビニかどっかのサンドウィッチやおにぎりを車内でむさぼり、その場しのぎに満たすという、あさましくも、愚かな行為だと判断。
(あっ、でもね、コンビニのおにぎりって激ウマですね。)
結果、イギリスに帰りつくまで、ず~~~~~~~っと聴きたいのを我慢しました。

その甲斐あって、聴いたときの感動はひとしお。
一曲目の「鬼」。名曲ですねー。鳥肌ものです。ジェネシスの影響大だと思われますがそれだけでは決してないです。ライヴでは、ヴォーカリスト北山真さんのキテレツなコスチューム、写真でしか見たことないのですケド、そのステージは70年代アングラ劇団風だったのかなー。なんて思いをはせております。・・とすると、『このバンド名は「人」ではなく「場」の名称なのである』とライナーノーツに書かれていた意味がなんとな~~く分かるような気がします。
北山真さんの線の細い声が曲に絶妙にマッチしていて、妖しくも美しい・・そう、まるでビアズレーの絵の世界の様です。

何気に口ずさめるプログレっていいですね。

てなわけで、「新月」 
へヴィー・ローテーション!!

最近おぼえたこの言葉。へヴィ・ロテ。最初はなんのこっちゃ分かりませんでした。
ウオークマン時代は、オート・リバースって言ってたよね。あと、エンドレステープとか・・・・
えっ!?昭和だって?確かに。。あっ、よく考えると、実家の昭和のラジカセはCheekyマミーのでございました。

鳥肌ものです。名曲「鬼」


 ←「新月』聴くべし!聴くべし!えぐるように聴くべしっ!!!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

[title]:祝!「新月」

いや~凄いですね!
「新月」でこんなに盛り上がっている記事は他にありませんよ、日本全国にまるで隠れキリシタンのように潜んでいる「新月」ファンがみたら泣いて喜びますよ(笑)。
ぜひイギリスの方々にも聴かせてあげてください。

  1. 2009/10/02(金) 13:19:14
  2. URL
  3. トミヤン #mJffUBJo
  4. [ 編集 ]

[title]:トミヤンさんへ

祝!「新月」 ありがとうございます。
凄いでしょ~~。もう、ティーンエイジャーみたいに盛り上がってます。ひとりで。(笑)
いや~、いい音楽に出会うと、気分が若くなりますね。
うちのダンナも好きですよ。「ジェネシスっぽくもあり、カンサスっぽくもある」って言ってました。
あと、教えてもらった、北山真さんのラーメモも見てます。こっちにいるとラーメンがすごく恋しくなるので、味の雰囲気(?)だけでもっ!!

  1. 2009/10/03(土) 06:41:27
  2. URL
  3. cheeky マミー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:新月

うわ~、羨ましいです!伝説のプログレバンド「新月」、噂には聞いていて、ことあるごとにタワーレコードでも探しているんですけれど本当に影も形もないです…。
でもそんな凄いアルバムを入手されたのに帰国されるまで聴くのを我慢するというのは並大抵のことではなかったでしょうね。
ちなみに「四人囃子」は売ってあるんですけれど、どうしてもキング・クリムゾンとかの未聴アルバムが優先になってしまってなかなか手が伸びません。…なんかこんな感じで一生物欲と物欲とのせめぎ合いの中で生きなくてはいけない気がします…。
  1. 2009/10/04(日) 21:21:35
  2. URL
  3. くらげ #ulYx6Mu6
  4. [ 編集 ]

[title]:くらげさんへ

コメントありがとうございます。
やっぱり、入手困難なんですね。わたしも日本に帰る前、アマゾンJPで探してもなくって、やっとHMVにあったので、即、購入しました。

はい。すごく我慢しました。(笑)
でも、いい音楽って、しかもはじめて聴くアルバムだと、聴く場所を選びますよね。
イギリスまで我慢して正解でした。ライナーノーツに書いてあるように大音量で聴けたしね。

今の時代、コンピューターでダウンロードとかできるけど、これぞっというのはアルバムを買いたいですよね。あら、また、昭和かしら?(笑)
  1. 2009/10/05(月) 04:48:46
  2. URL
  3. cheeky マミー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アマチュアバンドでキーボードをしていた私はかなりマニアックなプログレにハマった方なんですが、このグループの存在は全く知りませんでした。それも和製プログレで1979年ですか。。。。
貼っていただいた画像で音を聞きました。本当鳥肌モンですね、浮世絵ともすごくマッチしています。イギリスに『新月』ファンがここに一人増えましたよ。

  1. 2009/10/06(火) 06:19:00
  2. URL
  3. たまねこ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:たまねこさんへ

私も、日本のロックはGSから始まって、PYG、ジャックスや、ハッピーエンドなどなど。。。。かなりはまってた頃がありましたが、「新月」は、かすってもなかったです。あるのですね。隠れた名盤が日本にも。まだまだ、知らない世界がありそうです。ワクワク。
では、ここイギリスで、「新月」2人で盛り上がりましょう!!(笑)
  1. 2009/10/06(火) 18:40:56
  2. URL
  3. cheeky マミー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cheekyswann.blog26.fc2.com/tb.php/39-71a41114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

和製ジェネシス?「新月」登場!

「新月」の曲はプログレの手法ながら極めて日本的 日本人ならではの感性で作られています。 (どこか四畳半フォーク的な感性も見受けられます。)
  1. 2009/10/02(金) 13:08:58
  2. ブリティッシュ・ロック ブログ ブリティッシュ愛

FC2Ad