ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

ヴァイナル (VINYL)  再び。

この前、

テスコ (イギリスの大型スーパーマーケット) に行ったら、

写真現像コーナーのちょい横に、

しょぼい段ボール製でできたラックに

なんと

ヴァイナルが陳列されたあった。。。。。。

あ~~~~・・・・・

ヴァイナルが何であるかわからない、コンピューター世代の君たちに
教えてあげよう。

ヴァイナル(VINYL) とは レコードのことである。CDの前。

黒いの。

大きいのがLP。 小さいのがEP

こんなに親切な説明でもわからない君はグーグル先生に聞いてくれ。

とにかく、

びっくりだ。

その、もはや、世の中に忘れかけていたレコード盤が、テスコ で売られていたのである。

まあ、なんだかんだ言って、根強いアナログファンはどこの世界にもいるわけで、
レコードについては、レコード盤しか聴かないっ!というこだわりの方々もいるわけで、
このような方々は、街の裏路地のあやしいげなレコードショップ、もしくはレコードフェアなんかで、
購入するわけだが、

わたくしがびっくりしているのは、

ついに末端まできたか。

ということである。


それは、

80年代、パリのブルジョアマダムたちが好んでその彼女たちの爪に好んで施した、
フレンチネイル というマニキュアの手法が
今や、
ネイルアートと発展し
庶民の間で、
特におしゃれチャヴたちの間では、子供のランチのお金は出さずも
ネイルサロンで爪には金出す。みたいな。
この30年で末端まで到着。
ゴール!!\(^o^)/


そのような
現象にちょっと似ていると思った。

つまり、

テスコに陳列されているということは、
もはや、ヴァイナルは一部のアナログファンの間の物ではなく
オープンな市場に出回り
庶民の心を今一度グッと掴んだ。ということだ。

ヴァイナル 再び! v( ̄Д ̄)v イエイ

あーーーーー、

さて、
気になるラインナップ。

ローリングストーンズ / スティッキー・フィンガーズ
    

デイヴィット・ギルモア/ Rattle That Lock 


ブルース・スプリングスティーン/Born in the U.S.A


ジャステイン・ビーバー



以上。

4枚 だけ。

わたくしが行ったテスコではこの4枚だけのラインアップ。

一応、年齢層別にチョイスされているのか、
なぜこの4枚なのか意図はわからない。
多分、深く考えない方がよいだろう。

ヴァイナル 欲しい方、
今や、
テスコでも買えます。
注)アーテイスト、すっごい限定


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad