ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

インスタントラーメンの悲劇

年末に日本の母からいろいろと送ってもらった物の中に
入っていた5個セット醤油味「ラ王」。

「ラ王」

これってもう、インスタントラーメンの域越えてないか?

注)日本にお住まいの方、何を今さら とお思いでしょうが、お許しアレ。

ウマすぎる。
ムム?  このスープ?!
何?! この麺

ウ~マ~い~ぞ~~~~! と

毎回叫ぶ アニメ漫画を思い出すではないか。




娘もラーメンが大好きで、
日本に帰った時など、毎日ちがうラーメン屋さんに行きたい。というほど、
ラーメン好き。
そんな若干12歳のラーメンっ子にとって「ラ王」は
スープが良いみたい。


以前、娘から

「スープは「ラ王」で麺は「出前一丁」にしてえ。」
という、
メーカー開発部の方が
試行思索を繰り返し、汗と涙でやっと作り上げたこの味、食感、組み合わせ
を根底からくつがえすような作り方の注文を受け、

1度は作ったが、2度目からは

そんなメニューはない。
おとなしく出前一丁を食え。

と丁重にお断りをしている。



こちらでは、街の中華食材屋で
 「出前一丁」 (非日本製)は 普通にO.45ポンドくらいで買えるけれど、
(こちらならではのフレイバー炸裂!それについてはまたいつか書こう。)


「ラ王」 は、
その名の通り 王様であるので、簡単に庶民の手に安易に入るものではないようだ。
(イン、ザ、UKの場合)
買うならばロンドンの日本食材屋で買えるだろうが、あり得ない値段。
田舎者のわたくしにとって「ラ王」は王様。高級食品なのでR。


そんなこんなで、

日本の母が愛をこめて送ってくれた高級品「ラ王」も残りあと一袋になってしまった。

最後の一袋。
王様ともこれでしばしのおわかれ。

じゃ、野菜とかいろいろ入れてゴージャスに「ラ王」を食べようじゃないか。
いろいろ入れてもっと美味しくしよう。

冷蔵庫の中の野菜、ハムなどをふんだんにいれて作ったけれども、



出来上がった最後の王様は



どこでどうまちがったのか、





超マズだった。

悲しい・・・・・





貧乏人がゴージャスを気取ってはいけない。



←いいなー・・安くて。5個でこの値段よね。

ちなみに、こちら英国最大の日本食オンラインショップでは、
「ラ王」5袋パック 

10ポンド

今日現在の為替計算すると

なんと、 1600円!!!

ありえへん。。。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

FC2Ad