ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

ハッピー・パンクMAS!!セックス・ピストルズに学ぶ70年代イギリス社会状況

みなさま、クリスマスですね。
HAPPY CHRISTMAS!

そして、HAPPY PUNK-MAS!!

ということで、

77年、イギリスはハダズフィールドでおこなわれた、
セックス・ピストルズによる、
クリスマス・チャリティー・ギグについて。

pistols_270.jpg


あはは。

あの悪名高いピストルズ

チャリティー・ギグですって!? あはは。。

嘘みたいな本当の話。

これには、70年代英国社会状況が大きく関係しているのだ。
では、解説(これで)委員会の会長CHEEKYマミーが解説しようじゃないの。

~~~~~~~~~~~~~~
60年代、数々の産業の国有化政策により、競争心をうしない、経済は低迷、70年代オイルショックをきっかけにイギリスは経済の停滞と物価の上昇、失業率は大幅UP。それでもなお社会保障を維持しようとがんばるイギリス。そのため国民に課せられる税金は大幅UP。働いても働いても税金で持っていかれるので人々は働く意欲なくし、その充実した社会保障に依存。いわゆる「英国病」(もっと知りたい人はWIKI「英国病」を見てください。マミーも見ました。)

不満を募らせた労働者たちは、ついに団結!70年代には数々のストライキが決行される。

74年イギリス全土の炭坑では無期限ストライキに突入。
*この出来ごとは映画「ビリー・エリオット」で垣間見れるよ*

労働組合はみごと勝利し、当初の要求にちかい賃金のUPに成功。

これに端を発し、公共サービス労働者も団結。お医者さん、ナ―スのストライキにより病人がほったらかし状態になったり、ゴミ収集、清掃業者のストライキにより街はゴミで溢れかえったり、墓掘り業者のストで、死人が埋葬できなかったりと、
まじでっ・・・!?っていうような事態が発生。

77年にはウエストヨークシャーの

ハダズフィールドの消防士さん

たちも団結。長期ストライキを決行しているのであった。
時はクリスマス。ストも13週目に突入。消防士さんたちのファミリーは悪戦苦闘していたのだ。働いていないのでお金は無く、クリスマスだと言うのに、子供たちにプレゼントはおろか、食べるものも満足に購入できない状況だったのでR。

そんな、国を相手に戦っている消防士さんファミリーを励まそうと、

あの、悪ガキ4人、セックス・ピストルズは、

ハダズフィールド、アイバンホー・ナイトクラブで、

入場料フリー
 
クリスマス、ファミリーチャリティーギグを開くのであった。

当時、すでにピストルズの悪評はイギリス全土に広がっており、親が子供に見せたくないバンド、ナンバー1だったピストルズ。消防士さんたちも例外ではない。

小さい子供たちを連れて彼らのギグに行くなんて言語道断!

と思っていた大人たちも、クリスマスにプレゼントもなく、クリスマスケーキも無いような悲惨な時を過ごすよりはましだろう。と、意を決してギグに出向くことに。

大人たちはともあれ、

大喜びだったのは子供たち

会場のテーブルの上には、果物やスナック、スイーツがいっぱい。
プレゼントはスケートボードや自転車!
しかもジョニー、シドからじかに手渡し!!
メンバーのみんなもギグをとっても楽しんでたみたいで、
ギグの終わりには、ジョニ―がケーキに頭をつっこんだり、はちゃめちゃで、子供たちにはおおうけ!
ケーキを切り分け、子供たちに手渡しするジョニ―やシド。ちょっと想像つかないよね。

そして、ギグが終わって、おみやげもたくさんもらった子供たち。

それはそれは、ものすごい数のピストルズグッズ。バッジ、ステッカー、Tシャツ、LPなどなど。
ギグは楽しくてありがたかったけれども、
子供たちに

「Never Mind the B・・・・s」と書かれたTシャツは着せたくないし、教育上悪影響な音楽はきかせたくないし。。。

なので、ものすごい量のおみやげは・・・・

おとなたちによって・・・

処分されたようだ。


ある証言によると、小さな女の子はジョニ―からケーキと一緒に、
ゴールドデスクも貰ってたようだけど、
そのゴールドデスクの行方はいまだ分からず。
多分、ケーキのお皿としてその女の子に使われ、ケーキを食べ終わったら、ゴミといっしょに
ゴミ箱へ。

なんとも、ピストルズらしい!
厳しい状況のストライキのなか、核心をついているなあ。

本当に必要な物は名誉や地位でもなく、

今日食べるケーキなのさ!!

と、ジョニーが言ったかどうかはわかりません。


それでは、みなさま

HAPPY PUNK-MAS!!

たのしいクリスマスを!!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

FC2Ad