ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

デイヴィッド・カヴァデイルさんの一言

前回の記事でスティーヴィー・ワンダーさんのことを書いたので、引き続き彼にまつわる出来事。って、

えーーーっ!またぁ?ブリティッシュじゃないじゃ~~~~ん!

まあ、まあ、そう言わずに。素晴らしいものは国、ジャングル、ジャンルを超えるんだからっ!!
それにね、今回は

あの、ディープ・パープルの3期ヴォーカリスト

デイヴィッド・カヴァデイルさんがらみのお話しなんです。


ディープ・パープルがアルバム「嵐の使者」レコーディング中、スタジオでのお話し。
(このアルバムのレコーディング話はいろいろとおもろい。)

デイヴィッドが Soldier of Fortune のヴォーカルを録音している時、雰囲気を出すために、スタジオ内電気を消して真っ暗な中でうたってたそうな。
すると、誰かがスタジオに来たらしくノイズが聞こえてきて、デイヴィッド、とっても耳ざわりだったのでしょう。

「誰か知らんけど、そこにおるヤツ、今すぐ出ていけっ!
 
F●●K OFF!!」

とレコーディングルームから一喝。

そして、
意気揚々としてテイクを終えレコーディングルームから出てきたデイヴィッドが真実を知り、
がっくしと肩を落としたのであった。

なんと、なんと、スタジオに来ていたのは

あの、スティーヴィー・ワンダーだったのであーる。

オーマイガーッ!!!(←絶対言ったと思う。)

カヴァデイルさん、暗闇で誰だか見えなかったとはいえ、スティーヴィーにFワードは大失言。
スティーヴィー大好きなグレンは傍で、「おまえ、なんちゅーこと言うねん!」と顔面蒼白でそう言ったかどうかはしりません。

では、スティーヴィーをおいはらってまで暗闇で録音に集中した曲
「Soldier of Fortune」をどうぞ!



↑うんうん、世界に入ってたんだな。ちょっぴり(かなり)クルーナー??

←こぼれ話し満載!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2Ad