ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

「SUMMERTIME BLUES」をあなたに・・・

ウインブルドンも終わり、七夕様も終わり、次は?
そうです、そうてす。待っていましたサマーホリデイです。

今週末、
Cheekyマミーと娘はジャパンにお里帰りです。

買い物に食べ物!!楽しみだな~~。日本。

娘はすっかりジャパンモード入ってるし。スーパーにいって海鮮コーナーでイクラをゲットすることが彼女の日本でのメインイヴェントらしい。

今年はKLM(オランダ航空)で帰ります。アムステルダムでトランジット。

なんとその日は

ワールドカップファイナルの日。

やっぱ、娘と2人して、オレンジ色の服着て行こうかな。ホーランドサポーターということで、もしかしたら、

「お客様には、特別にビジネスクラスを用意させていただきます。」

なんてことになるかもしれない。

そして、ホーランドが優勝したりなんかしたら、もしかして「優勝おめでとうセール」みたく、持ってけドロボーっ!

「今日のフライト全額払い戻し!!」

なんてことになるかもしれない。

なので、みなさん、ホーランドを応援しましょう!!

毎年のようにダンナはイギリスでお留守番。
サマータイムもがんばって働いてくださいまし。
とてもとても感謝していますとも。マジで。
そんなダンナに心をこめてこの曲を贈ります。
THE WHOの Summertime Blues The Monterey Pop Festival 1967年



何気にみなさんヘアースタイルとか、モッズくん引きずってますよね。カワイイ。ファッションも67年ならではっ!!この中途半端な67,68年って独特な雰囲気があります。この2年間だけが好きなレアな60sフリークという方々も多いですね。

オリジナルは50年代のロカビリー、エディー・コクラン。
この曲、サマータイムブルース、いろんなアーチストがカヴァーしてますね。ビーチボーイズ、ブルーチアー、T-レックス・・・・、あと、RCサクセションもカヴァーしてましたね。歌詞が原発(ちゃんと原子力発電所って言わなきゃね。)反対の歌でした。
それから、マミーは聴いたことないけど、オリヴィア・ニュートンジョンヴァージョンもあるそうです。

そんな中、THE WHOヴァージョンはやっぱりかっこいいなあー。
67年のもかっこいいけどやっぱり、69年のほうがパワフルでマミーは好きだな。また、ウッドストック映像ですみません。



←ライヴ・アット・リーズ~25周年エディション 発売予定日8月4日だそうです。数に限りがございますのでご注文はお早めに!らしいです。やった!日本で買えるじゃん!!


とういことで、ブログは1カ月ぐらいお休みです。こんなブログですが、いつも読んでくださってるみなさま、ありがとうございます。
日本でも暇があったら書こうかな。でも去年同様、たぶん書かないだろうな~~~。
それでは、また夏休み明けに。

みなさま、ごきげんよう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2Ad