ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

ロニー・ウッド、 ヴァイオレンス!逮捕!釈放!!ロッケンロール!!

先週のお話しです。
12月3日、
ストーンズのギターリスト、暴行で逮捕!
と、ニュースの見出しに書いてあるではありませんか!!

記事を読んでみると、ロニー・ウッドちゃん、ドメステック・ヴァイオレンスで逮捕されちゃったのね。そして、釈放。
殴られたのは、あの、20歳のロシア人の恋人、エカテリーナちゃん。

ロニーちゃん、42歳も年下の20歳のキャピキャピガールを恋人にしちゃうってのが、すでに犯罪なのに!(注、決して犯罪ではありません)
ヴァイオレンス!!アレステッド!!リリースド!!!
イエ~~~~ィ!ステル、ロッケンロール!!

であります!
(暴力はいけません。)

11月に、その恋人のことがもとで、24年間も連れ添った奥様、ジョーと離婚したばかり。
若き、キャピキャピロシアンガールとのラヴラヴ期も、もはや峠をこしたのか、エカテリーナちゃんのわがままが度をこしたのか、詳しくはよくわかりませんが、

ロニーちゃん、昔のロッケンロールギャルは、殴られても、浮気されても、あなたについていきますわ~~。だったかもしれないけど、今時の若い子はね、殴られると、即、訴えるんですよ~~~。気をつけましょう。
それにね、今や、ロックスターなるもの、暴力反対!ベジタリアン、ノンスモーカー、ノンアルコール、ノンドラッグなのですよ~~。

ロックスターも政治家みたいなクリーンなイメージが好まれる世の中であります。

あっ、だから最近のロックはへなちょこベットウェッターが多いのか!!!
(注、だからって、暴力を肯定してるわけじゃないけど)

前回、フェイセズの再結成の記事を書いたばかりで、このニュース、びっくりしました。フェイセズのリユニオンどうなることやら。。。
でも、昔からロックスターなるもの、逮捕されてもすぐ釈放。なので、どーってことないのかな。。。

さて、この方、どこにカテゴるか問題です。もともと、カテゴライズするのが苦手なものですから。。。
フェイセズにカテゴるか、やはりここは大御所ストーンズにカテゴるか。

う~~~ん。。問題だ。

いやっ。ロン・ウッドといえば、このバンドでしょう!!!
The Birds ザ・バーズ。 USAの The Byrdsじゃないよ。UKバーズだよ。
The Birds。64年に結成。すでに有名だったUSバンドの The Byrdsがイギリス公演のため、そのUSバーズよりも有名でなかったUKバーズはバンド名変更を余儀なくされてしまいました。
その名は「The Birds Birds」ザ・バーズ バーズ。 
これでバンドの運命も決まったようなものです。

その、若き日のロニーちゃんのバンド、The Birds。映画「The Deadly Bees」からの演奏シーン"That's All I Need"をどうぞ!!


ロニーちゃん、若い!!今のエカテリーナちゃんぐらいかしら??



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
 | ホーム | 

FC2Ad