ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

ヴァイナル (VINYL)  再び。

この前、

テスコ (イギリスの大型スーパーマーケット) に行ったら、

写真現像コーナーのちょい横に、

しょぼい段ボール製でできたラックに

なんと

ヴァイナルが陳列されたあった。。。。。。

あ~~~~・・・・・

ヴァイナルが何であるかわからない、コンピューター世代の君たちに
教えてあげよう。

ヴァイナル(VINYL) とは レコードのことである。CDの前。

黒いの。

大きいのがLP。 小さいのがEP

こんなに親切な説明でもわからない君はグーグル先生に聞いてくれ。

とにかく、

びっくりだ。

その、もはや、世の中に忘れかけていたレコード盤が、テスコ で売られていたのである。

まあ、なんだかんだ言って、根強いアナログファンはどこの世界にもいるわけで、
レコードについては、レコード盤しか聴かないっ!というこだわりの方々もいるわけで、
このような方々は、街の裏路地のあやしいげなレコードショップ、もしくはレコードフェアなんかで、
購入するわけだが、

わたくしがびっくりしているのは、

ついに末端まできたか。

ということである。


それは、

80年代、パリのブルジョアマダムたちが好んでその彼女たちの爪に好んで施した、
フレンチネイル というマニキュアの手法が
今や、
ネイルアートと発展し
庶民の間で、
特におしゃれチャヴたちの間では、子供のランチのお金は出さずも
ネイルサロンで爪には金出す。みたいな。
この30年で末端まで到着。
ゴール!!\(^o^)/


そのような
現象にちょっと似ていると思った。

つまり、

テスコに陳列されているということは、
もはや、ヴァイナルは一部のアナログファンの間の物ではなく
オープンな市場に出回り
庶民の心を今一度グッと掴んだ。ということだ。

ヴァイナル 再び! v( ̄Д ̄)v イエイ

あーーーーー、

さて、
気になるラインナップ。

ローリングストーンズ / スティッキー・フィンガーズ
    

デイヴィット・ギルモア/ Rattle That Lock 


ブルース・スプリングスティーン/Born in the U.S.A


ジャステイン・ビーバー



以上。

4枚 だけ。

わたくしが行ったテスコではこの4枚だけのラインアップ。

一応、年齢層別にチョイスされているのか、
なぜこの4枚なのか意図はわからない。
多分、深く考えない方がよいだろう。

ヴァイナル 欲しい方、
今や、
テスコでも買えます。
注)アーテイスト、すっごい限定


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

歯医者にて。(イン ザ UK の場合)

隣り村に
評判の良い歯医者ができたようなので、

家族でかかりつけの歯医者をそこに変えた。

で、歯のチェックに行ってみると、



そこには、

日本製の

歯医者診察用の椅子。



うわー!

日本の歯医者さんみたいだ__!!

と、

喜んだのもつかの間、

なんと、


信じられないことに、

うがいの水が自動に出てこない。

助手のお姉さんが、いちいち、プラスチックコップに入ったお水を

本来ならば自動にお水がでてくるノズルの下に置いてくれる。

そして、

そして、

もしやと、その予感は的中、


ぐちゅぐちゅぺっ をした後も、

本来ならば、自動に水が流れてきれいにしてくれるのだが、

診察が終わった後に、助手のお姉さんが、いちいち、スプレイでしゅっしゅっとして

手で拭いている。



え___________!!

使いこなせてない。



水回り、
コネクトしてないのか。



ハイテクノロジーが泣いている。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ロンドナーのハルキストの前で不完全燃焼

先日、お友達のバースデイパーティーにお呼ばれしたので行ってきた。

たくさんの人がいてとてもとてもにぎやかだった。
みなさんフレンドリー。

ロンドンからやってきたという若夫婦が、わたくしが日本人と知ってかどうかわからないけれど
とてもフレンドリーに話しかけてきた。
さすが、コスモポリタン ロンドンに住んでいるいるだけあって、心がオ―プンに感じられ、いろいろ会話がはずんだ。

彼女はどうやら、本が大好きなようだ。

いま、この本読んでるのよ。
ヘィルゥ―キ・ミュラカ―ミ
知ってる?
彼の作品は好きだわ。
彼のマジカルワールドにどっぷりよ。

といって、
バックの中から
1Q84 
を出してみせた。

その時、
へィルゥ―キ・ミュラカ―ミ

春樹 村上 
だとわかった。

でたっ、

ロンドナーのハルキスト。




わたくしは、村上春樹がゲロが出そうなほど大きらいである。



しかし、しかし、日本の文学が好きで、

ミュラカーミの作品を読んだことある?

とか

どう思う?好き?

とか

何かあなたのお勧めの本あったら教えてっ!

とか
キラキラした目で会話をはずませる
このかわいらしい人にむかって

「わたくしは村上春樹の作品は大嫌いだ」

とか

「ウケ狙い見え見えでまったく面白くないし退屈」

とか

どうして、どうして言えようか。

自分の意見を主張して、この和やかなタイムを ジ・エンドに導くような
そんな
荒業はわたくしにはできない。

ここは、ちょっと大人の対応で
「何作か読んだけど、いいのもあったし、そうでもないものもあったし・・
それに1Q84(ナインティーンエイティーフォー) は読んでない。」
と、言うと、

あら、ちがうわよ。
アイ Q 84 よ。

と彼女は言うのだ。

ああ、そうか、
いち きゅう はち よん は日本語読みだった。

「Q」はイギリス人にすれば「Q」で「9」ではないのだ。
 
英語では I Q 84 (アイ Q エイティーフォー)と読むらしい。

ということは、
英語圏では、
このタイトルが ジョージ・オーウェルの「1984」をもじって「1Q84」にしていることなどわからないのだ。

なので、
丁寧に、そのことを彼女に伝えた。

でも、
「この作家はよくこんなことをするのだ。わたくしはこの作家のそんな小賢しいところが大きらいだ」
とは言えず、

とにかく、そのことだけを伝えた。

そして
お勧めの本は?と、聞かれて、


RYU MURAKAMI

(NOT HARUKI)

Coin locker babies



と、

さしだされた
彼女のメモに残すことが精いっぱいだった・・・・・









にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

イギリスでオリンピックを観なくなった理由

日本にいたころはオリンピックといえば、

スポーツの祭典 

日本国中がニッポン、チャ チャ チャッ!
テレビでも連日連夜放送していて、たいそうな盛り上がりだった。
わたくしも盛り上がって観てたうちの一人。

が、

こちらイギリスに来てから、
オリンピックって観ないなあ。

そんな
オリンピックにキョーミがなくなってしまった理由について
わたくしなりに考えてみた。


まず、


日本とイギリスの得意なスポーツがちがう。

えっ、こんな競技あったの?
という(私的にはジミ~~な)スポーツが得意だったりするのだ。イギリスは。

ということは、こちらで放送する競技に日本人選手がいないということである。
いなければそれでいいのだけれど、

たまに、
日本ではマイナーな種目でがんばっている日本人選手がいて、健闘をたたえるも
残念ながら予選落ち。

みたいな、
そんな種目をTVでだらだらながすので、
観ている側の
日本人のわたくしとしては、ゲームは退屈だし、日本人みな予選落ちだし~・・

テンション下がりっぱなし。

それに
アウエイでの負けはキツイ。
敗北感半端ない。


先日の体操のように、たまに両国メジャーな競技があったとしても

日本が金メダルとって、
やったー!日本ずっげー!!
と興奮してみてても、イギリスチームは4位だったので、

表彰式はスル―。。。。 みたいな。。。

おもっきしはしょられる。

大英帝国にしてみれば、よその国の金メダルなどどーでもよいし、
ましてやよその国の国歌なぞBBCでは流さないのだろう。

 
ゆえに

観ている側は


勝利感半端なく少ない。

テンションさがる。


そんな長年の

勝っても負けてもテンション下がりっぱなし

の積み重ねで、
こちらイギリスではオリンピックを観なくなったのかも。



テニスでは
日本のエース、錦織選手とイギリスのエース、アンディ・マレーが準決勝。
イギリスにいるわたくしにとって100%アウエイじゃん。

フットボールで言うと、
マンUファンがリバプールファンの応援席に一人まちがって行ってしまったみたいな
まるで生き地獄。


錦織選手、がんばれ~~~!!
生き地獄からわたくしを救ってくれ~~~。

ニッポン、チャ、チャ、チャッ!

って、この応援の様式
古いですか~~~???


テニスは好きだけど、
そんな生き地獄はいやだし、
タイトルに書いたようにオリンピックあんまり観ないし
キョーミないので



車もバイクもラジオも

テレビも

使用禁止の島へホリデイに行ってくるわ。


ほなっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

涼しいブリティッシュサマーが凍りついた日

ブリティッシュサマーは涼しい。

わたくしにとっては涼しい。

太陽がさんさんと照りつけると、じりじりと暑いのだが、
一旦、雲に隠れ風が吹こうものなら、
ちょっと寒ささえ感じる。

暑い日が2、3日あったけれども、
それは日本の比でもなく、屁でもない。

一貫して、ブリティッシュサマーはそんなに暑くないだろう。

その反動なのか、イギリスの夏はホットだと本当に思っているのか
それは
わからないけれども、

ブリティッシュの人たちは
ちょっと太陽がさんさんと照りつける日にやぁ、

今がチャンス! とばかりに、

上半身裸のおとこ衆や、キャミソール&短パンすがたのおんな衆が
(皆、ほとんどハダカ。)

どこからともなく
うようよと出てきて、
公共の芝生の公園などで、ごろごろのたまわっているのでR。


そう、
どこからともなくうようよと出てくる。

それは
雨の降った次の日に、地面が暑くて辛抱たまらんなった

カタツムリ&ナメクジ

がどこからともなくうようよと出てくる出てくるそのさま



シンクロするのである。(とくにナメクジ)









閲覧注意









きゃーーーーーーー!!!


s_DSC01034.jpg

s_DSC01035.jpg

s_021.jpg

s_020.jpg


超きもい。

そして


イギリスのナメクジはデカいのでR。

俺のナメクジ。



だたでさえ涼しいイギリスの夏が
ナメクジの襲来によって、背筋が凍りつくほど
寒い夏の日になったのであった。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

FC2Ad