ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

マッシュルームたち

「マッシュルームを育てようキット」 を買ってみたので、

いざ、
育てよう!

Grow your own mushrooms!!

DSC02826.jpg

説明書を読むと超簡単


まず、
このキノコの菌が住んでいるこのおが屑のようなものに水をスプレイして暗い所に2日置く。
DSC02827.jpg

うわっ、
なんと、偶然にもバックグラウンドにはビートルズが。
しかし、せっかくなので、
青盤ではなく

赤盤(1962年~1966年)に変えよう。


2日経って、
付属の土をふわっと菌の上にかける。

DSC02832.jpg
 うんうん。これこれ。赤盤 初期。 マッシュルームヘアーと言えば初期ビートルズ。
初期ビートルズと言えばマッシュルームヘアー。しっくりくる。気分的に。

あ~~。つーーか、、、、この写真、誰がマッシュルームヘアーなんだ??
リンゴとかロカビリーヘアなんだけど、まあ、細かいことはおいといて、



次々、
マッシュルームを育てよう!

後は、Love Me Do (Please Please Me でも、She Loves You でも、All My Lovingでもよろしい。とりあえず赤盤に入ってる曲)を 口ずさみながら、毎日スプレイで水やりを忘れずに、暗い所に置く。

10日~12日ぐらい経っただろうか、

おやおや、白いものがでてきたよ。

DSC03245.jpg

次の日、箱をあけてびっくり!
一晩でこんなにも成長しました。
マッシュルーム!
DSC03285.jpg

DSC03289.jpg

元祖マッシュルームたちも(元祖ってどっち。どっちでもいいよ。)うれしそう。
特にジョン。

そして次の日。じゃーーーん!

DSC03333.jpg

そろそろ収穫どきかな。

DSC03334.jpg

どうだ!これ!
myマッシュルームだ!ビートルズ初期だ。



つーか、
・・

・・

・・

・・・あれだ。





こびと図鑑。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ビートルズの本

何故か、

ここ何日か、

PCの調子がわりーなー。。。

そろそろ壊れる時期かな。


さてさて、

ビートルズファンには、たまらないニュース!

あの コレクター泣かせの出版社
ジェネシスパブリケーションから

コレクターアイテムのビートルズの本が出版される。

HELLO, GOODBYE: THE BEATLES IN TOKYO, 1966

ビートルズ来日50周年記念として来日当時の写真集。
カメラマン、アサイ・シンペイ氏によるフォトは、日本以外ではお目見えしてないらしい超レアもの。
えっ、つーことは日本人にはあんまりレアじゃないってこと???
いやいや、そんなことはないだろう。

だって
お値段なんと、

なんと、


なんとーーー

495ポンド!!!

1ポンド=130円で計算してくれたまえ。

もう、これ投資やな。。。。。

↓   ↓   ↓
http://www.genesis-publications.com/
↑   ↑   ↑

デラックスヴァージョンは たったの350部しかないので、

欲しい方はお早めに CHECK IT OUT!!!

そやけど、

表紙の浴衣の柄がクールなのか、ダサいのか、

ビミョー。。。。



PS.
66年か。。。。
つーことは、
都市伝説によると、
この本の写真のポールは本物のポールってことね。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

イギリス、雨多すぎ! ビートルズの「レイン」を聴いて過ごそう。

イギリスでは、お天気の悪い日が続いているのでR!

やっとサマータイムになってこれからゴージャスなサンシャインを楽しめると思っていたのに。

4月、1989年以来の、寒い4月だったようだ。

5月、100年に一度の寒い、雨の多い5月だったようだ。

そして 6月、この週末、50年に一度というストームが来るらしい。

このまま夏至を迎え、また一日、一日と日が短くなっていくのかと思うと

ぞっとしてきた。

今年はピムスを飲みながら、9時、10時まで明るいキラキラしたイヴニングを過ごすことはできるのだろうか?


なんとも、お気の毒に思うのは、

観光客のみなさんである。

イギリスは今の時期、通常はお天気もいいし、日も長いので、

ハイシーズン な訳で、

旅行にかかる費用も割増。
高いお銭を払って、海外旅行最初から終わりまで一部始終雨だったら厭だなあ。

が、まてよ。

100年に一度の寒い5月にイギリスに来れて、それを堪能できるということは、

むしろ喜ぶべきことではないのか!

まさに一生に一度の出来ごと!
日食だってそうじゃないか!でもね、日食はいつ起こるかあらかじめ分かっているけど、

100年に一度とうい寒いイギリスの5月をねらって旅行に来るというのは、まず出来ないことであろう。
そんな時期にドンピシャあたるというのは、一千万円の宝くじに当たるぐらい凄いことで、
まことにラッキーこの上ないことなのでR!!


観光客のみなさ~~~ん、グットニュース!
6月、今週末も超お天気が悪い!50年に一度のストームがやってくる!50年ですぞ!
そんな記念すべき超悪お天気にここイギリスの空の下にいることができて
なんてラッキーなんでしょうね!

ではでは
ビートルズのレインを聴きながら、超悪お天気を堪能しよう!



雨、気にしないさ!晴れたらお天気がいいし
 すべては気の持ちようさ!!


歌詞の最初で

If the rain comes they run and hide their heads.
They might as well be dead.

と、歌っていますが、
まあ、雨に降られて死にはしないけど、禿げるってよくいうよねえ。。。だからみんな走ってそして、頭かくすんじゃないの?


←「レイン」はシングル「ペーパーバックライター」のBサイドでした。このパスト・マスターズ Vol.2のトラック4にはいってます。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポール・マッカートニーとルパート・ベアー

みなさま、謹賀新年 でございます。

今年もよろしくお願いします。

2012年、始まりました。

カレンダーも新しくなりました。

娘の部屋のカレンダーはまたもや ルパートベアのカレンダーです。

かわいい。

マミーは好きなのです。ルパートベア。

ルパートベアの過去記事→こちら

ルパートベアはテレビシリーズもさることながら、84年にはアニメ映画にもなっています。

「Rupert and the Frog Song」

Paul_McCartney_-_We_All_Stand_Together.jpg
↑映画のサウンドトラックのシングル盤

このアニメ映画なんと、プロデュースは 

Sr、ポール・マッカートニー

音楽も、ポール。

その上、ルパートの声までポール。

さらにリンダもポールと一緒にお話しを書いてます。

ポールとリンダ、好きだったのでしょうね。ルパートベア。
きっと、子供たちにお話しを聞かせていたのでしょう。

では、お正月一発目は
ルパートベアの映画のサウンドトラック
Sr、マッカの「We All Stand Together」をどうぞ。




あのビートルズのポールがプロデュースをして、曲まで書いちゃう、そんなルパートベア。
もうちょっとメジャーになってもいいのになあ。
でもでも、メジャーになりすぎて、ディズニーがルパートベアのコンピューターグラフィックアニメなんか作っちゃうと、興醒めになっちゃうので今のままでいいかな。
やっぱり、このノスタルジックなタッチがGOODなのです。

P1010048_convert_20120102223822.jpg



が、


あ~~~れ~~~~~っ!!??
いつのまにか、娘の部屋のルパートベアのカレンダーが

なんと、コレ↓
PC310001_convert_20120101081458.jpg


スーパーマリオブラザーズのカレンダーに変わってるじゃありませんかー。

えっ?
ルパートベア、1月2日目で撤去???

あの、ビートルズのポールが曲書いてるのに撤去??

あの、Sr,ポール・マッカートニーが、ルパートの声までやってるのに撤去??

娘、まるで、わかってなぁ~~~~~いっ!!


娘のブームはマリオブロスです。
今ね、イギリスではおこちゃまの間で、ハロー・キティにつづいて、マリオ超流行ってるんです。
ゲームはもちろんのこと、
マリオTシャツとかパジャマとかマリオグッズが店頭に並んでるんです。

ブリティッシュアニメ&ポール、

日本のニンテンドーに敗れたり!


マミーは複雑な心境でございます。
 ・
 ・
 ・
 ・
しかし、何年、いや、何十年ビハインドやねんっ!!UK。




 ←UK盤に「We All Stand Together」入ってます。US盤には入ってません。

←シングル盤です。

←おこちゃまがいる方、 DVDもよろしく。
←VHSだってあるのだ。えっ?もうハードがないって??


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

三ツ矢サイダーはビートルズの味 ~小説風~

落ち込んでばかりではいけません。こんなブルーな気分の時は、日本での楽しかったことを思い出しましょう。

5週間の滞在中、ほとんど出かけていたように思います。

日本での暑~~~い夏。もちろん行きましたとも 海水浴
青い海、青い空、白い砂浜、海の家。
これよ、これっ!!海水浴はこうでなきゃっ!!去年行ったイギリスの浜辺とは大違い!!日本の海水浴と比べるともはやそれは海水浴とは呼べないかもしれない!

そんな日本での海水浴に行った時のお話し。

題して、
「三ツ矢サイダーはビートルズの味」~小説風~

・・・・・フェニックスの木の合間をぬけて芝生の小道をでるとそこが海水浴場だった。たぶんそこができた当初は、気分は高級リゾートホテルのプライベートビーチ風で「おっしゃれーーっ」だったにちがいない。が、今では芝は伸び放題、雑草伸び放題と管理ができてないために、その演出はあまりにもみすぼらしかった。その日は平日ということもあってかあまり混んでいなかったため、みすぼらしさが2倍だ。

その「おっしゃれーー」だったと思われる芝生の小道をぬけたところに広場があって、そこに仮設ステージが設けらていてステージの左すそに、白いサンバイザー、緑色のTシャツ、白いミニスカート、茶髪のギャル系のおねえちゃん2人が暇そうにすわっていた。そしてその辺一帯には、所詮、高級リゾートホテルのプライヴェートビーチなど別世界だ。現実を見ろ!!と言わんばかりに、コンビニの店先にあるような「のぼり旗」が無数に立てられていた。それには

「三ツ矢サイダー無料配布 おひとり様1本」

のようなことが書かれてあった。
「ホントに無料配布してるのか??」と目を疑った。タダと聞いて我先に走り寄る人もいなけりゃ、長蛇の列もなく、その風景はかなりまったりしていた。配布し尽くしたのだろうか? タダと聞いて一人狂喜乱舞し、キャンペーンガールだと思われる、白いサンバイザー、緑色のTシャツ、白いミニスカート、茶髪のギャル系のおねえちゃんのところにもらいに行ったら「もうないです。」とか言われるとイヤなので、ここは娘の出番。「あのおねえちゃんたち、ジュースくれるんだって。行って貰っておいでよ。マミーのぶんもね。」ジュースが貰えると聞いて喜んで走っていく娘。
でかしたぞっ!娘!!ちゃんと2本もらってきた。はじめてのおつかい大成功!
所さんも号泣。←ウソ

というわけで、タダで手にした「三ツ矢サイダー」 ああ・・・なんて昭和な響きなんだろう。懐かしい。三ツ矢サイダーなんてもう何十年と飲んでないような気がする。プルトップを開けると、プシュッと炭酸の音とともに聞こえてくるのはあの曲、

ビートルズの「シー・ラヴス・ユー」

子供のころ、三ツ矢サイダーのテレビCMに使われていたと思う。ただ単にビンかグラスに入れられた透明の三ツ矢サイダーのアップで、時折、炭酸の泡が上にのぼっていく。そんな映像のバックグラウンドに「シー・ラヴス・ユー」は流れていた。その音楽はあきらかにじゅんこちゃんやももえちゃんやヒデキやヒロミのそれとは異なる。ということを子供ながらに感じた。なのでCM画面右下の「歌・ビートルズ」というクレジットをしっかり覚えた。思えば、それがビートルズとの初接点だったのかもしれない。

時を同じくしてその頃、テレビで「ビートルズ特集」を見た記憶がある。時代的にビートルズ来日10周年で再び日本がビートルズで盛り上がっていたのかもしれない。
そんなビートルズ来日10周年記念フィーバー(だと思う)は片田舎のおこちゃま兄妹まで巻き込んだのだった。

「ビートルズ、録音しようぜっ!」

と兄ちゃんが言って子供部屋から自慢のラジオカセットテープレコーダーを持ってきて、テレビの前にドカッとおいた。「ビートルズ特集」はとっくにはじまっているが、途中からでも最初からでもそれは問題ではなかった。兄ちゃんはラジカセにテープを入れ、アンテナをのばし、指を「録音」と書かれた赤いボタンと「再生」と書かれた黒いボタンにのせ、

「今から録音するで。しゃべったり音たてたらあかんで!!」と言った。

そんな兄ちゃんに向かって
「録音するのにアンテナなんかカンケ―ないんじゃ。ばーーーーかっ!!」

とは、決して言うこともなく、はりつめた緊張感の中、うん、うん、とうなずいた。兄ちゃんはその二つのボタンを重たそうに押した。
「ビートルズお茶の間テレビ録音」がはじまった。
どのくらい息をひそめていただろう。なんだか黙ってるのももう限界っ!笑ってしまいそうって時に、
不意打ちの一声。台所の引き戸のガラガラという音とともに

「ごはんできたよーーー」

「もーーーーっ!今、録音してるのにィーー。」

    ブチッ


・・・・・以上、「ビートルズお茶の間テレビ録音」終了。



真夏の昼下がりの人もまばらな海水浴場。波打ち際で遊ぶ娘を目で追いながら、ノスタルジーに思いをはせる。そんな素敵な時間を「三ツ矢サイダー」は作ってくれた。しかもタダで。

遠くの防波堤の向こうをゆく船をながめ、キンキンに冷えた三ツ矢サイダーを一口飲んだ。三ツ矢サイダーの泡は「シー・ラヴス・ユー」を奏でながら喉を通って行った。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

FC2Ad