ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

荒井由実の季節

あれま。
いつのまにか4月も中旬。

春ですねえ。

イギリスでは、

イースターホリデイ真っ只中!
イースターの復活祭ですな。
ジーザスリボーーーン。✞

去年は確か、イースターが早くて3月終わりごろだったな。
今年は、去年より2週間おそい。

イースターホリデイが2週間早かろうが、おそかろうが、
そんなことはカンケーなく、
イースターホリデイは毎年、毎年、寒く、

グレイ

DSC02819.jpg


である。

そんな、
4月の気まぐれなお天気にぴったりで、
この季節になると聴きたくなるのが
荒井由実 なのだ。

アルバム「ひこうき雲」

荒井由実の季節到来。


去年は「べルベットイースター」について、だらだら書いた。

今年は「ひこうき雲」についてだらだら書く。

2,3年前ジブリ映画の「風立ちぬ」の主題歌で使われたりして。
歌詞と映画のストーリーがマッチして、全体的にいい感じ。主題歌にこの曲をつかうことは最初に決めていたのだろうか。

映画はさておき、



この曲、
これって、プロコルハルムの「青い影」 a whiter shade of pale だよね。

オマージュ・・
という便利な言葉。

オマージュ。
そう。オマージュ。
影響されてるでしょう。やっぱり。
67年のプロコルハルムの大ヒット曲「青い影」だもんね。
ハモンドオルガンの音色とか、ソロの部分とか、裏メロほとんどおんなじ。

歌詞も似ていたりするのだ。
ものすっごい簡潔に説明すると、
プロコルハルムの「青い影」は船で戦地に向かった友の死を
友の彼女に伝えるというシュチュエーション。
(これについてはまた書きたい。)

かたや、荒井由実は飛行機。


でも、
これはこれで、荒井由実の世界があるわけで、
この曲は名曲だと思う。


そして

このアルバム、名盤だと思うのである。

DSC02823.jpg



ベルベットのようなグレイの雲が突然
どこかにいってしまって、
ぬけるような青い青空がひろがる。
その青空をひこうきが1機、2機、ひこうき雲をともなって飛んでいく。

そのような光景は

今のイースターの季節、イギリスではよく見ることができる。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ファンからの贈り物。どうもありがとう。

先日、

わたくしのファンという方から
「ブログいつも楽しく読んでます。」
というありがたきお言葉とともに、
これまたありがたき

プレゼントをいただいた。

(ぶっちゃけ、ロンドン時代の友だけれど)

じゃーーん!

DSC01010_convert_20160704214553.jpg


過去記事こちらの→インスタントラーメンの悲劇
を読んで
わたくしを不憫に思ったのか

ラ王&正麺

を、わざわざ日本から送ってきてくれた。

感・・激・・!

しかも、わたくしの食べたことない
む、紫の王様!

気品あふれる高貴な色、紫
ロイヤル度マキシマム。
王様というよりは、


帝。  みかど



さっそく、
前回の失敗を二度と繰り返さないように、
シンプルにいただいた。
ウマかった。

マルちゃん正麺にいたっては、
「せいめん」と打っているのに「生麺」と変換されてしまい、
それにさえも気づかないわたくしにとって未開のメンラ―(ラーメン)

お味がたのしみである。




スティーヴン・タイラーが
「たい焼きが好きだぜ!ベイビー!」
と言ったら、
タイ焼きとタイ焼きメーカーがファンから送られてきたと言うが、


わたくし、
ステーヴンの嬉しいお気持ち、ちょいわかりますわ。


ファンからの贈り物はうれしい。


そんな、心やさしいファンの方(ロンドン時代の友)は
清志朗さんのファンだったね。

ありがとうの思いを込めて

そんなあなたのへのこの一曲



オーティス、JBばりのファンキーでソウルフルなナンバー
ゴキゲンだぜ!ベイベー!




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

とある中年イギリス男性を魅了した「アマゾンJP」と「BABYMETAL」~パート2~

前回からのつづき

わたくしはメタルファンでもなくアイドル好きでもない。
ハッキリ言って
BABYMETALは
個人的には興味のないバンド。

そのような状況の時
とても客観的な立場で物事を考える事が出来る。

結論から言うと、

BABYMETALは

世界に通じる日本人バンドの集大成。


日本人バンドが

世界で通用するためのあるべき姿。編成。



とわたくしは断言する。


日本人は勤勉で、その道に、もはや利益など考えず生活のすべてをかけること惜しまない、
オタク気質の強い人種だとおもう。


ゆえに、
ギター、ドラム、ベースなど楽器のテクニックならば、
その辺のお好み焼き屋のおやじが

だったりすることはよくあることだ。

君たちの街にも1人や2人は絶対神はいる。


が、
いかんせん、これがカリスマ性を問われるフロントマン、ヴォーカルになると、
からっきしダメで、
ロック、へヴィーメタル部門となると英語の発音やなんかで、世界の土俵に上がれない
というのが今までの日本のバンド。
テクニックは神レベルなのに・・・・残念・・・

80年代 ラウドネス というバンドが、がんばっていたけれども、
当時イギリスのフェスで
「ロッケンロール!!」を「LOCK‘N’ロール!!」とステージ上で叫んでしまい、
結構こっちでは痛い話しとして話題になったようだ。
ロンドンでハウスシェアをしてたスコットランド人が言っていた。

日本人永遠の課題「L」&「R」

ヘビメタ系カッコつけてる人がこのようなミスを犯すと地獄行きだが、
KAWAII系ガ―ルズがキャピキャピしてロックンロール(L発音)でも全然OK!
誰もとがめない。むしろかわいい~を称賛される。


そこなのだ!!

もう、フロントはマジでやっても意味フなのだから、
最初っから意味フでいこうぜ!

ばりばりへヴィーなテクニック凄すぎなバンドをバックに、
(まあ、この方達が凄いのだが)

可愛い日本ガールズ3人がフリフリスカート&ハイソックスをはいて、
キャピキャピして「R」なのか「L」なのか、「V」なのか「B」なのか、

もはや日本語なのか英語なのかそんなのカンケ―ねえ。甘ったるい声で意味不明な言葉で歌い踊り、

いまだ観たことも聴いたこともない未開の境地に達したつーわけで、

まっ、もともとへヴィメタ系は意味フな5オクターブ雄たけびとかあるわけで、
その辺、意味フには寛容なのだろう。

なのであるからして、

へヴィメタテクニック神系×カワイイアイドル系
日本人得意のハイブリッドっつーか、
日本女子バレーボールの時間差攻撃とかみたく

ディスアドバンテージを

技とアイデアでアドバンテージに変える

日本人ならではの英知を集結させて世界に轟きはじめたのが
BABYMETALである。

とわたくしは思うのでR。

日本車のハイブリッドカーが世界で売れているだろう。
そこには、まだ見たことも経験したこともない新しいことがあるからさ。
音楽の世界の日本のハイブリッドバンドが世界で売れないわけないだろう?


世界的にマンネリ化していたミュージックシーンに
新しいジャンルを築いた と言っても過言ではない。
もう、この手の音楽のジャンルを「BABYMETAL」としてもいいだろう。

よく音楽の世界では、
3大モッズバンド とか
3大パンクバンド とか 3大が使われるので
同じようなバンドも3つまでは良いらしい。

なので、

これからもどんどん第2、第3のBABYMETALが 日本発で出てきてほしいものだ。



・・・・が、わたくしには無理。わからないっ!すまんっ



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

とある中年イギリス男性を魅了した「アマゾンJP」と「BABYMETAL」


ダンナと街に行った時、ダンナの友達のクリス君とばったり出会い
少しの間街頭立ち話。

イギリス人同士では少しの間かもしれないが、立ち話し30分以上は決して少しの間ではないだろう。

そして、話も終盤、んじゃ、また。シ― ユー ス―ン。

やっと終わった。と思った別れ際に、

クリス君が、わたくしの方を向いて

「あっ、そうそう、このまえアマゾンJPで買い物したらね、

迅速だね~。アマゾンJPは。

月曜日にオーダーしたら金曜日もう届いたよ。
もう、びっくりだよ。UK国内サービスより速いんじゃないの?
さすがジャパンだね~。イギリス人には到底無理だね~。」

と、アマゾンJP の迅速なサービス、梱包の丁寧さを絶賛した。
日本じゃそんなの普通だけど。
まあ、ほめられて悪い気はしないし、
クリス君の言った終盤のアンダーラインの言葉に、

おお、わかっとるやんけ。と、激しく同意した。


日本のサービスが素晴らしいというのは、わたくしにとってびっくりでもなんでもないのだが、

それよりも、
クリス君がアマゾンJPで何を買ったのかが気になったので聞いてみた。

「知ってるかどうかわからんけど

・・・BABYMETAL。



・・・マジか!?このおっさん・・・



と内心思ったが
「ふ~~ん、名前は聞いたことあるけど。。。」

とながそうとしたけれども

「なにそれ」
とダンナがはいってきて、

結果
その説明に立ち話し15分追加されるはめになってしまった。



家に帰ってから
クリス君が買ったベイビーメタルってこれだよ。
と、ダンナにYOUTUBEをみせると

「あいつ、何買っとんねん!わからんわ。」

と一蹴。


好みは人それぞれである。


それが、去年の夏の終わりごろのはなしである。

そんなクリス君の最新ニュース。

なんとっ!
彼は先日の4月2日の

ロンドンウェンブリーでのBABYMETAL

のコンサートに行ったらしい。



何がクリス君をそんなに夢中にさせるのか?



わたくしはメタルファンでも、アイドル好きでもないのだけれども
BABYMETALを
分析とういか、このバンドについて思ったことを書いてみよう。

でも長くなるので 

パート2に

つづく。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

荒井由実の名曲  「ベルベット・イースター」 について思うコト。


今年のイースターは例年より2週間も早く 3月27日
イギリスでのイースター行事などの事柄は、他のイギリスブログで写真付きでこぞって
UPしていると思うので、そちらで見てくれたまえ。

わたくしが書きたいことは

荒井由実の名曲 

「ベルベット・イースター」 について。

この季節やっぱり口ずさんでしまう。

別にキリスト教徒でもなく、日本でフツーに育ったわたくしは、
イースターと言えば、

モアイ像で有名な「イースター島。」

ユーミンのこの曲「ベルベット・イースター」

パンを焼く時使うのは「イースト菌」だけれども、なぜかそれも一緒にセットになって思いだす。

まあ、この3つくらいだった。


イースターがキリストの復活祭と身を持って知るのは
イギリスに来てからのこと。
イースターサンディのまえのグッドフライディからイースターホリデイといって
学校は2週間お休み。
がしかし、毎年毎年お天気が悪く、雨、雨。

そう。天気が悪い。
どんよりとした雲。小雨の朝、昼、晩。

ほんとに空が低く、銀鼠色。
ベルベットのような光沢のグレイの雲。
雲の間をぬけて差す光はとても厳かで、
ほんとうに天使が下りてきそうだ。

DSC00890_convert_20160327222531.jpg




この歌、「ベルベット・イースター」は

もしかして
「神によって天国へ導かれる歌」
じゃないのかな。

と、わたくしは勝手に解釈している。

♪迎えに来て。
と頼む相手はジーザス。

そう、イースターサンディ。復活祭。
ジーザスが復活する日曜日。


「ベルベットイースター」を口ずさむ時
必ず、
昔、子供のころに観た映画を思いだす。
水野晴朗の金曜ロードショーもしくは
淀川長治の日曜洋画劇場。
今思うと、
映画のタイプから多分、淀川さんの日曜洋画劇場だろう。

「汚れなき悪戯」



1955年のスペイン映画


この映画を観ていなかったら、

このような受け取り方はできなかっただろう。

歌詞の
♪昔ママが、好きだったブーツ・・・・・
というくだりは
この映画でマルセリ―ノ少年がジーザスにママに会いたいと頼むように
それを履いて
天国のママに会いに行こう。
と言う風に解釈してしまうのだ。


わたくし的にはこの歌とこの映画が見事なまでにリンクしていて、
なぜ、リンクしているのかはわからない。
マルセリ―ノの唄とベルベット・イースターの最初のコード進行がすこし似ているからなのか、
それとも、
イースターと言えば、なぜかイースト菌をも連想するわたくしの思考回路のなせる技なのか、

とにかく、

ベルベット・イースターを聴くと

「汚れなき悪戯」を観た時と同じように、

ぎゅっと胸をしめつけられるような、せつない、

ある種の絶望感さえも感じられる。

と同時に

この上なく幸福感も伝わってくるのである。







←隠れ名曲「ベルベット・イースター」をはじめ名曲ぞろいのユーミンのファーストアルバム。


素晴らしいカバー見つけました。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


FC2Ad