ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

ジュリー・ドリスコールとコメディー番組

ジュリー・ドリスコール、ブライアン・オーガー&ザ・トリニティー (Julie Driscoll、Brian Auger & The Trinity).20代の頃、はまりました。ジュールス(Jools)こと、ジュリーはCheekyマミーのアイドル!!彼女のようになりたいっ!!と切望してましたね~。その頃やってたバンドのライヴではジュリーのベリーショートヘアースタイルをまねるため、ベリーショートのカツラをつけてたりしてました。(またカツラかよ!?おしゃれウイッグですっ!!)あ~懐かし~~。あの頃、怖いもの知らず。若気の至り。。

さて、ジュリー・ドリスコール。彼女は60年代半ば、The Steampacket というブルース・バンドで ロング・ジョン・バルドリー (Long John Baldry)、 ロッド・スチュワート( Rod Stewart)、 オルガニストの ブライアン・オーガーらと共に活動。その後、ブライアン・オーガー&ザ・トリニティーと共にサイケデリック街道まっしぐら!!有名なのはボブ・ディランの曲のカヴァー This Wheel's on Fire。その後、ジャズロックへ。。。

・・・・イギリスに来た頃、Cheekyマミーも通ってました。語学学校なるものに。その学校では、授業が終わると先生も生徒も入り混じって下のパブで一杯。お決まりコース。マミーも何度かジョインしました。その時、座り合わせたマイクという先生。年のころは50くらいでしょうか。話していくうちにマイクはサイケデリックムーヴメント、リアルタイムのお方だと判明。60S、70Sのバンドの話に花が咲きました。そして女性シンガーではジュリー・ドリスコールが一番好きだ、どんだけ彼女がクールか、どんだけブライアン・オーガーのオルガンがかっこいいかと、マミーが熱く、熱ーく散々述べた後、マイクが言うのです。
「あー。知ってるよー。ジュリー・ドリスコール。クールだね。
BBCのコメディー番組のエンディングソングに流れてるよ。This Wheel's on Fire。」

・・・今、な、なんて言った!?コ、コメディーだって??・・と思い、

「コメディー??」 と聞き直しました。

「そっ。コメディー。Absolutely Fabulousっていうの。X曜日のX時からBBCで。今度見てごらん」

やっぱりコメディーって言ったんだ。。な、何っ!!どーゆーこと??ジュリー・ドリスコールがなんでコメディー?? This Wheel's on Fire が コメディーのエンディング???聞き間違えてる??もしかして???
半信半疑で言われた時間にTVを見てみました。
なんだか、おもんないコメディーだなー。英語が分かんないからかなー?と思いながら見つつ、さて、問題のエンデングソング。
えーー!やっぱりそうだったのねーー!!
コメディー番組 「Absolutely Fabulous」のエンディングソングはジュリー・ドリスコールの歌うThis Wheel's on Fire だったのであーる。
熱く語ったのにコメディーでかたづけられたみたいで、とってもやるせなーい気分になったCheekyマミーでありました。。。



↑はァ~。かっこいーなー!!・・はて、Cheekyマミーのおしゃれウイッグはどこいったかなー。。。日本の実家の押入れにまだあると思うんだけど。。。もう、処分されてるかな~・・・

←とにかく、クール!!Season Of The Witch やLight My Fire のカヴァーも!!

←なんといっても、クール!!おさえておきたい2枚組アルバム。

ちなみに・・・・↓
←Cheekyマミーの大好きなブリティッシュ・コメディーはこれ!!フォールティー・タワーズを見ずして、ブリティッシュは語れませーん!!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
 | ホーム | 

FC2Ad