ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

グレッグ・レイク LUCKY MAN ~The autobiography~ を読んで泣いた。

ふと、本棚を見ると
グレッグ・レイクの本があった。

DSC03847.jpg

GREG LAKE
LUCKY MAN ~The autobiography~


もうすぐ1年になるのか。。。。。

わたくしは、あるときからロックミュージシャンの特にわたくしが好きなひとの死だとかは
あまり考えないようにした。彼らはCDやDVD、本、YOUTUBEのなかで彼らの最高にカッコイイ時代をキラキラして生きているから。

そんな思いで
この本をペラペラとめくってみた。 
最初はそんな思いで・・・・

英語の本などめったに読まないわたくしの洋書のチェック要所は自伝本などによくある
写真ページ。
このグレッグの本もおなじく、真っ先にチェック。

DSC03849.jpg

かわいい~~~♥リトルグレッグ。

DSC03848.jpg

9歳の時の通知表。
音楽の評価「アベレージ(普通)」


プロローグ、
1973年のマディソンスクエアーガーデンのコンサートの様子から始まる。
彼の生い立ちから始まり、チャイルド時代、クリムゾン時代、E,L&P時代~~と時間をおって書かれているのだけど、

1972年のジャパンツアーのことをつづった ザ・ライジング・サンというチャプター。
わたくしは、リアルタイムを知らないし
うわさ聞く「台風の後楽園球場」とかしか知らないのでとても興味深い。プライベートJETはANAだったのね。知らなかった。

なかでも、とっても70年代の日本の興味深いエピソードをひとつ。

バンドメンバーたちは、東京に第一号店がオープンしたばかりのマクドナルドのハンバーガーをランチにしたいので買ってきてほしいと新人の日本人の若い女性アシスタントに頼むのだが、彼女はちょっと困惑した様子を見せるもOKして買いにいってくれた。
だが、買ってくるのに2時間もかかってしまったのだ。なぜかとたずねると、オープンしたばかりのマクドは長蛇の列で、やっと彼女の番になって、頼まれたバーガー30個を注文すると、すぐさま列の後ろに回され、後回しにされたらしい。それはどういうことかというと、当時70年代の日本はまだまだ女性の地位が低く、混みあっているマクドナルドでしかも若い女がバーガー30個を注文するとはどういうことだ!ということらしい。
日本人のわたくしでさえも、意味が分からず、英文を何度も読み直したしだいでR。
こんなバカげた70年代の日本。マジか。。と思う話しなのに、イギリス人のグレッグはさぞかし日本はヘンテコな国と思ったに違いない。
でも、グレッグはこう言っている。
「僕はポライトでリスペクトフルな日本人はとても好きだよ。でも、今でも、西洋人が十分に彼らたちの視点でリスペクト、理解するのには時間がかかる」
2つの違う国、文化も物の考え方も。全く異なったプリズムでの見方。それをふまえたうえで

「この若い女性アシスタントがバーガーを買ってきてと頼まれて困惑したのは、こうなると分かっていたからなんだ」

と彼女の行動を理解してくれているところなど、

なんて、心のひろい人なんだろう。と思う。
惚れる。

そして、80S,90S EL&P再結成・・・とチャプターは続いていく。


そしてそして、
本の終わりの方にさしかかると、
キース・エマーソンの死について語っている。
この本がキースの死の後に、そしてグレッグ自身末期がんと診断されもうなにも手立てはないと宣告されてから書かれたことを知らされるのだ。
あらためて、キース、グレッグはもういない人なんだ。と思い知らされる。
涙腺が一気にゆるむ。

「キースの死はショックだけれども彼をよく知る人にとっては、凄く驚くことでもなかった。」
とグレッグは言っている。

自ら命を絶ったキースについて、そのころすでに末期癌の宣告をうけているであろうグレッグはどう思ったのだろうなどと部外者が思う余地はなく、グレッグはキースの子供時代のこと、右手のこと、キースのすべてを受け入れ、自身の価値観を当てはめて考えることもなく、ましてや押し付けることなく
「彼はTURE MASTER OF HIS ART」 と称賛している。


そこに行くことを宣告され、それを受け入れその時を静かに待つグレッグ。

ディープな困難に遭遇し、それに抗い苦しみ、みずからそこに行ってしまったキース。

この2人の生き方は対照的だ。

だからこそ、
その相反するエネルギーがぶつかりあり、
アグレッシブかつクラシカル、メロディアス、カーム、
調和のエッセンス的なカール・パーマーがいて、
だから、
スーパーグループ「EL&P」が誕生したんだなと思う。


~~~~~~~~~~~~~~

夜空の星を見ていると、永遠ってなんだろう?って考えるんだ。
その星たちの先に横たわっているものはなんだろうって。

生命は形を変え進化しながらずっと続くサークルなんじゃないかなと思うんだ。
そこには始まりも終わりもなくて。

ほとんどの人が死を宣告されたら、恐怖をおぼえるだろう?
でも
とっても不思議なことだけれど、
そのような、恐怖、恐れの感覚は僕にはやってこなかった。
たぶんそれは、死もその人の人生のパーツのひとつなんだ、と受け止めているから。自然界のパワーみたいに。

秋になって木の葉が舞い落ちてしまうのを見て泣く人はいないだろう?なぜなら、春になったらまた新しい芽が息吹いてくることをみんな知っているからだよ。

~~~~~~~~~~~~~

みたいなことをグレッグは言っている。


孫息子の3歳の誕生日に撮った写真。多分去年かな。
孫息子ガブリエルとのツーショットの晩年のグレッグはとてもとても幸せそうだ。




~悲しむことなどないさ。~
と、ガムをくちゃくちゃ噛みながら、バーガーをがつがつ食べながらにっこり笑う70Sのグレッグ・レイクがいる。
本当にカッコイイーーー!!
そして、わたくしはずっとこれからも うっとり♥するのである。



グレッグ・レイクの自伝を読んで泣いた。
英語の本を読んで初めて泣いたのであった。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

もし君がイギリスにいて暇を持て余しているのなら今すぐ手持ちのコインをチェックしてみよう。

最近、

イギリスのコイン&紙幣が熱い。

ちょっと前には

50P硬貨の裏模様に ピーターラビット が登場したり、

最近新しくなった5ポンド札のレアナンバーがあるとか、

ま、

そういう、コインコレクター関係あんまりキョーミないので、お金はお金だし、
ピーターラビットの50P見つけて使わず取っておこうと一応気には止めておくのだけれども、
いつの間にか使ってしまっている。

そんな、
コインコレクターではないわたくしの心さえもワクワクさせてくれた
最近のイギリス造幣局(って言うのかどうか知らんけど)の
にくい演出。
おしゃれなことやってくれるわ~~~。

それがコレだ!!!

DSC_1502.jpg


コイン
1p、2p、5p、10p、20p、50p

のコインの模様を合わせると

な、な、なんと

シールド

になるではないか!!!! カッケーーー!!

ナイト♞の国ヘゲレス。(いにしえ)
流石にこれには参ったよ。
君の勝ちさ。ヘゲレス君。


ささ、
今すぐ君もあなたもマダムも手持ちの小銭をだだーーーとテーブルの上にぶちまけ
シールドのピースを見つけよう!!
そして、そして、
カキーン!とシールドを合わせ作ろうではないか。

と、

娘に教えてもらって、(中学生ネタに)テンションUP↑のわたくしであった。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

ケネディ大統領暗殺事件機密文書公開ちょっとだけよ。彼は僕の友達だった。

ケネディ大統領暗殺事件から50年。
単独犯人とされたオズワルドは事件から2日後に警察署で警官に撃たれて死亡。
しかも、TV生中継中。
なので、
オズワルドはダミーだとか、犯人はソ連の黒幕だとか、キューバ陰謀説だの
数々の疑惑、謎があるのだけれども、

10月26日
その機密分書がついに公開されるということで、
真実がついに明かされるのか!

ちょっとキョーミちょろちょろだったのだが、

産経ニュースによると
公開されたのは3600件あるとされる非公開文書の1割にも満たなかった。らしい。

詳しくはこちら
http://www.sankei.com/world/news/171027/wor1710270046-n1.html

ちょっとだけ~~~~。
小出し作戦か。

今回初めて公開された文書にはソ連の関与は一切ないと確認されたそうで、
「ソ連黒幕説」 ハイ、消えた~~~!



そうなの?
じゃあ、
時に米ソ冷戦時代。米ソ宇宙開発競争のデットヒート

なんだと~~~~おおお!60年代中にアメリカ人を月に立たせるだとおおお????
なにをほざいておるのかのう。。開発は我々の方が進んでおるというのに。
人類初の月面着陸は我々の同胞こぐまのミーシャに決まっとる。
やれるもんならやってみんしゃい。

バン、バン、バン

ちきしょー!
やりやがったな。こうなったら意地でもアメリカ人を60年代中に月に立たせてやる!!
イーグル・サムよ。頑張ってくれ。
すみません。どうしてもできませ~~~ん。
しかたない。スタジオを使おう。

みたいな、
わたくしの読みは外れたようだ。


ケネディ大統領のことを歌った、
THE BYRDS の
「He Was a Friend of Mine」




Monterey Pop Festival 1967
この頃、ほっそりしているクロスビー氏は言っている。
ケネディ大統領は一人の人間に撃たれたのではない。何か所の違う角度から複数の人間に何種類かの違った銃で撃たれたんだ!ストーリーは書かれ、目撃者は殺されてしまった。
これが俺たちの国さ。  

と。

いや、

「これが君たちの国」
 
OUR じゃなく YOUR って言ってる。何度聞いても。

何でだろうとおもってたが、

いでたちを見て、
そういうメッセージなのか?と思った。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

日立「英国高速車両」初日にトラブル続き!フツーによくあることさっ。ここUKでは。

日立製 英国高速車両

GWR_800004_London_Paddington_20160630.jpg


8000kmにも及ぶ試験をトラブル無しでぶっちぎりの走りを見せ、6月の試運転列車にはクイーンもご乗車になられ、ご満悦だった。

が、

来る華々しいデビューの16日に
ブリストル発ロンドン行き高速列車トラブル続きで20分遅れ出発。ロンドンには40分遅れて到着したらしい。
(ロンドン発の列車は何事もなく走行。)

詳しくはこちら
↓  ↓  ↓
http://toyokeizai.net/articles/-/193477


電車遅れるとか、
これ、フツーじゃね??イン THE UK の場合。


こんなこと日常茶飯事。イン THE UK の場合。

20分遅れの出発だとおお?
まあ、大体、始発駅でも5~8分遅れて出発がフツーなので、そんなに驚きの遅れではないだろう。

たった40分遅れの到着で、謝罪だとおおお?返金だとおおお????
いままで、UKの電車に乗って、何か知らんけど電車の大幅な遅れで乗り継ぎ逃したり、途中区間バス運行で4~5時間の遅れは当たり前、落ち葉の為大幅な遅れとか・・・・
そんなことがどれだけあったことか、それなのに謝罪されたことないし、返金してもらったこと一度もない。
なんか、腹立ってきた。



わたくしは、マクドナルドとか、KFCとかイギリスでは食べない。
なぜならまずいし、雑だからだ。
が、日本のマクドナルドでBIGマックを食べて驚愕した。美味い。こんなにも美味しかったっけ?
同じマクドナルドでもこうも違うものなのか。

そういうことだ。

いつぞや書いた歯医者の記事を覚えているだろうか。こちら→クリック
日本製の歯医者の診察用椅子なんだけれども、自動で水が出るはずなのにコネクトしてなくて水が出ない。

そういうことだ。


日立だろうがヴァージンだろうが、ハイテクだろうがローテクだろうが、日本製だろうが、なんだろうが、

要は、
現地で働いている人、それにたずさわっている人の仕事に関しての意識の問題。

なんとかモードの設定が間違ってたとか、
エアコンのダクトに水が溜まってたとか、

ちゃんと点検してくださ~~~~い。


ビートルズが歌っていた。キャント 買 ミィ ラ~~~ヴ♪と。
愛はお金では買えないし、
テイストもお金では買えないし、そして、勤勉さもお金では買えないのだよ。

よその国の技術は買えても、
自国の勤勉さは自国で育てなければならぬのだよ。

さもなくば、猫に小判。豚に真珠。

イギリスに新幹線。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村





ジェネシスお墨付 「The Musical Box」を観てきた!!感動(((o(*゚▽゚*)o)))

先週末、

The Musical Box を観に行ってきた。

22140859_2037601559808334_5442722778682566201_n.jpg



この日をどれだけ待っていたことか。 ついに、この日がやってきた。

前回、遠い昔にこのThe Musical Boxについて記事を書いたと思うが、このときのGIGには行けず涙を飲んだ。
あれからどれだけの月日が流れただろう・・・

The Musical Box はフレンチカナディアン の
GENESIS トリビュートバンド、完全コピーバンド、などと言うと説明しやすいのだけれども、
このバンドをトリビュートバンドと呼ぶ人とはお友達になりたくない。
The Musical Boxはジェネシスのトリビュートバンドとか、完全コピーバンドなどという安っぽい言葉では形容しきれぬ、
それはそれは壮大な、想像を絶する、アメージングなバンドなのでR。
フィル・コリンズ氏も
これは、トリビュートではない。その一幕を忠実に再現する、もはやこれはシアタープロダクションのショーだ。と言っている。

わたくしは、

GENESISが大好きだ
(ピーター・ゲィブリエル期に限る)

マイフェイバリットバンドと言ってもいいだろう。
けれども、
リアルタイムのゲィブリエル期GENESISを知らない。CD&DVDでしか知らないのだ。
GENESISを知ったのは、クラップ80S。そのおかげで、真のジェネシスを知るのが何年も遅れてしまった。
まあ、それはともかく、
先日の金曜日、
1974年のGENESIS、THE BLACK SHOW を観た。 今は2017年だけど、パフォーマンスはThe Musical Boxによるものだったけど、それは、まさに1974年のジェネシスだった。

何年か前に、本物のピーター・ゲィブリエルをO2に観に行ったけど、先日のThe Musical Boxのピーターは、本物のピーターよりももっと、ピーター・ゲィブリエルだったのだ。


ジェネシスの本とかでみる写真と同じステージセッティング。黒いカーテン、丸い照明、ミラーボール、中央にはピーターの小道具置台。ギター、ベース、シンセの音色、ピーターの声、タンバリンのたたき方、曲の間奏時にささっと走り去る姿とか、MCの内容、イングリッシュアクセントのしゃべり方、フラワーもオールドマンのマスクも、いかなる小さなディティールもすべてにおいて完璧。
GENESISだ!
ピーター以外はみんな白い服。わたくしの好きな白いオーバーオールのころのフィルちゃん!タンバリンのおサルのおもちゃが登場します。

SETLIST
Watcher of the Skies
Dancing With the Moonlit Knight
The Cinema Show
I Know What I Like (In Your Wardrobe)
Firth of Fifth
The Musical Box
Horizons
The Battle of Epping Forest
Supper's Ready

1974年4月 カナダ、モントリオール でのパフォーマンス

ジェネシスファンはもとより、ジェネシスをしらないジェネレーションにもぜひぜひ観に行ってほしい。
ジェネシスを知っているプログレファンは涙を流すだろう。
ブラックライトのチカチカと、エクスプロージョンと感動でわたくしは涙した。
この興奮。どうよ。
いまだに、「Supper's Ready 」で天昇しっぱなしで地に足がついていない。

観に行ったホールは撮影録音禁止でギグの始まる前にしか写真撮れなかったけど、
ギグが始まっても、隣のおっさんとか、前のおっさん、後ろのおっさん、みんな写真とってるやん。
けれども、わたくしはルールを守る。子供の前でルールを破ってはいけない。とおもったら、娘が横で写真を撮っていた。
でかしたぞっ!娘!つーか、(。-_-。)
IMG-20171015-WA0000.jpg
しょっぱな一発目「Watcher of the Skies 」

あとの残りの写真は家族でニヤニヤしながら見ようと思う。



若い人にぜひぜひ観てもらいたい!この素晴らしいショーを!と強く思う。

だから、

T-シャツ、Sサイズ も作って売ってほしい。 お願い。

だがしかし、周りを見渡す限り、XL,XXLサイズのビールっ腹のオヤジが多かったのは悲しい超現実的出来事。

一番小さいサイズMサイズを買ったが、何気に通常のMサイズよりも大きな気がする。。。
IMG-20171015-WA0002.jpg
絶対Mじゃないだろ。





この形式のショーは近い将来、
バンドを愛して、愛して愛して、愛が止まらぬ、コアな音楽ファン&ミュージシャンたちが創り出すあたらしいスタイルで、
今あるオペラやシアタープレイやミュージカル、日本なら歌舞伎とかそういうものに並ぶ、
新しいエンターテイメントの形の一つになるだろう。
などと思うわけである。
その形式名、ジェネシス とか、ミュージカル・ボックス とかそんな名前にわたくしとしては命名したい。

これからまだまだUKツアーが続くようなので、
近場があればまた観に行くつもり。
おっかけ~~~~~!!
 
詳しくはこちら

http://www.themusicalbox.net/blackshow.php?lang=en

UKの後はヨーロッパツアーらしいよ。

いや~~~。The Musical Box 凄い。。。。拝んでおこう。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

FC2Ad