ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

ブリティッシュロックバンドにおけるバーミンガムマスタッシュ(髭)

最近、
イギリスでは空前の髭ブームである。

わたくしは、髭そのものについては、かっこいいアイテムだと思うし、
マンダムとか、苦みばしったいい男とか、ちょい悪とか、ワイルドとか、肯定的要素なのだ。


けれども、
いま、巷で流行っている髭は

「ヒップスタービアード」と言い、サイドバーンズ+髭。サイド刈上げショートヘアとセット。


なんちゃっておしゃれトレンデイー系で、俺、アーテイステック!
俺、イケてる!  この素足にエスパドリーユ見て!
そんでもって、たいがい片腕にタトゥー入っててチェックのシャツ着てる。

超オーデイナリールッキングの輩が、ヒップスタービアードを生やすと、何かしら権力でもゲットしたかのようにおしゃれ人間になれると思っているのか、勘違いも甚だしい。
もはや、それがオーデイナリーの最たるものということに気が付かないのだろうか。

わたくしはそんな軟弱な髭野郎はごめんだ。
髭はかっこいいアイテムなのに、その、わたくしの基本的観念さえもを、
捻じ曲げるような気持ち悪い、超ダサい
ヒップスタービアードは許しがたい。

桃太郎侍にでもお願いして成敗してほしい。

軟弱髭野郎を街で見かけると

F オフ ヒップスタービアード

と心の中で中指を立てる。 それほど厭である。



わたくし的には髭と言えば
上で述べたように肯定的要素がばっちり含まれる

バーミンガムマスタッシュ なのだ!

超かっこいい!!

マンダムのチャールズ・ブロンソンはUSAなのでおいといて、

60年代後半から70年にかけてのブリティッシュロックバンド、ミュージシャンを見てくれ。

THE MOVE
images.jpg

BLACK SABBATH
untitled 2

THE MOODY BLUSE
220px-The_Moody_Blues_923-9509.jpg

TRAFFIC
untitled 3

ピンク・フロイドの ニック・メイソン
imagesWYOFTPIU.jpg

あと、
ELOのジェフ・リン
ジョン・ボーナム



おわかりであろうか?

このバンド、人たちはみなバーミンガム出身(ミッドランド)なのだ。

どうよ。

この高いマスタッシュパーセンテージ。 髭率高い。

わたくしはここに
それを

バーミンガムマスタッシュ と命名する!!!




逆説的に言うと、

60年代後半から70年にかけて、
ブリティッテシュロックグループのメンバーのマスタッシュ髭パーセントが高ければ
そのバンドは結構な割合でバーミンガム出身のバンド。
またその時代マシュタッシュをはやしていればその人は結構な割合でバーミンガム出身だろう。

と、

そのように思う。

そして
70年代に入ると
このバーミンガムマスタッシュが、ヒッピームーヴメントとあいなり、わりと主流になったように思える。
そう。バーミンガムマスタッシュは流行の先端だったわけだ!  
かな?。。  かもよ・・・

たぶん・・・


ここで提案。

もし、君が時間を持て余しているのなら、
60年代後半に活躍した髭を生やしたブリティッシュを見つけ
バーミンガムマスタッシュかどうかチェックをしてみれば楽しいかと思う。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

映画「EAST IS EAST」 に見るもう一つのイギリス

ちょっと前にカレーについて書いたし、

前々回はインド音楽

ときたら

この映画について語りたくなった・・・・

映画 「EAST IS EAST」


イギリス、と言えば、

ロイヤルファミリー、ハロッズ、コッツウォルズ、アフタヌーンティー、
スコーンやキュウカンバーサンドウイッチ、
バラのガーデンでカップ&ソーサーでいただくアールグレイテイー・・・・
とか、

いかにもUK国民皆がそのような生活をしているかのように作り上げられたお客を獲得するためのツーリスト会社のものすっごい偏った情報に踊らされ、
イギリスは素敵なロイヤルなお国。とか、お上品な国イギリス。うふ♡
などとのたまうマダムやお姉さまかたがたの夢をぶち壊すようなこのバラの香りやアールグレイの香りとは程遠い泥臭い映画。

そしてもっと言わせてもらうと、
もはや、
この国で家で陶磁器のカップ&ソーサーでお茶を飲むことなど、
日本で茶室で抹茶を点てて器三回まわして飲んでるというこに近い。と言っても過言ではないだろう。

はっきり言ってみな、マグを使っている。
が、さすがイギリス。そこにも格差があり、普通のマグか、ボーンチャイナ(陶磁器)のマグかと言うところだ。

イギリス生活長いし、結構なお金持ちの人々とも会ったりしたが、
カップ&ソーサーでお茶を出されたことは片手の指で足りるほどの回数だ。
それとも、わたくしはマグでいいと判断されたか・・・

まあ、それはいい。

そんな、イギリスの一部分だけしか知らない方に是非観てほしい映画。

わりと好きな映画の一つ。  だが、

「ぼくの国、パパの国」 という邦題はいただけない。これではなんのひねりもないではないか。

邦題に結構うるさいわたくしである。

なぜ原題通り「イースト イズ イースト」としなかったのだろう。このダサい邦題のおかげで3人に1人観る人を失っているようにおもわれてしかたがない。

ストーリーを少し・・
パキスタンからの移民ジョージはイギリス人の妻と6人の息子1人の娘ともにマンチェスター、サルフォードでフィッシュ&チップス屋を営む。
時代背景は1971年。
長男のナジルは父ジョージがアレンジした、パキスタンの風習であるお見合い結婚にどうしても納得ができず、式の最中に逃げ出しそのまま家出をする。あとに残った弟、妹たちも父ジョージにおしつけられる厳格なイスラムの風習に「なぜ?」と戸惑い、反発・・
在英1世の父ジョージとイギリスでブリティッシュとして生まれたその子供たち2世のアイディンティティー、考え方の違いがぶつかり合う。妻エマも巻き込んで家庭崩壊の危機か!?
けれど
最後は夫婦の仲。ちょっと日本の「あ・うんの呼吸」にも似たエンディング。

はい。邦題どおり「ぼくの国、パパの国」 ですな。

複雑なイギリス社会、移民問題、
今、イギリスはBREXITカウントダウンなので、(あと2年) 時間切れになる前に、滑り込みでイースタンヨーロッパからの移民が怒涛のように押し寄せている。
イギリスは50年代60年代の移民政策とかあって、移民問題は今に始まったことではないのだろうけど、
その国にとってバックボーンを支えるパワーとなればいいのだけど、働かず、ベネフィット暮らしの移民とか国にとっては百害あって一利なし。

第二の「ぼくの国、パパの国」のような映画が違う国を題材につくられるのだろうか?
祖国へのリスペクト、祖国のプライドがあるから、その名に恥じないよう一生懸命働いて7人の子供を育て子供にもまた祖国のプライドを失ってほしくないと願うパキスタン人の父ジョージ。

今、
BREXITで駆け込み流れてくる移民にジョージのような心意気はあるのだろうか。。。。。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

荒井由実の季節

あれま。
いつのまにか4月も中旬。

春ですねえ。

イギリスでは、

イースターホリデイ真っ只中!
イースターの復活祭ですな。
ジーザスリボーーーン。✞

去年は確か、イースターが早くて3月終わりごろだったな。
今年は、去年より2週間おそい。

イースターホリデイが2週間早かろうが、おそかろうが、
そんなことはカンケーなく、
イースターホリデイは毎年、毎年、寒く、

グレイ

DSC02819.jpg


である。

そんな、
4月の気まぐれなお天気にぴったりで、
この季節になると聴きたくなるのが
荒井由実 なのだ。

アルバム「ひこうき雲」

荒井由実の季節到来。


去年は「べルベットイースター」について、だらだら書いた。

今年は「ひこうき雲」についてだらだら書く。

2,3年前ジブリ映画の「風立ちぬ」の主題歌で使われたりして。
歌詞と映画のストーリーがマッチして、全体的にいい感じ。主題歌にこの曲をつかうことは最初に決めていたのだろうか。

映画はさておき、



この曲、
これって、プロコルハルムの「青い影」 a whiter shade of pale だよね。

オマージュ・・
という便利な言葉。

オマージュ。
そう。オマージュ。
影響されてるでしょう。やっぱり。
67年のプロコルハルムの大ヒット曲「青い影」だもんね。
ハモンドオルガンの音色とか、ソロの部分とか、裏メロほとんどおんなじ。

歌詞も似ていたりするのだ。
ものすっごい簡潔に説明すると、
プロコルハルムの「青い影」は船で戦地に向かった友の死を
友の彼女に伝えるというシュチュエーション。
(これについてはまた書きたい。)

かたや、荒井由実は飛行機。


でも、
これはこれで、荒井由実の世界があるわけで、
この曲は名曲だと思う。


そして

このアルバム、名盤だと思うのである。

DSC02823.jpg



ベルベットのようなグレイの雲が突然
どこかにいってしまって、
ぬけるような青い青空がひろがる。
その青空をひこうきが1機、2機、ひこうき雲をともなって飛んでいく。

そのような光景は

今のイースターの季節、イギリスではよく見ることができる。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


インド音楽への誘い

もしも、君が60S、70Sの音楽が好きならば、

インド音楽、楽器



避けて通れないだろう。

ビートルズとマハリシ、それに付いて行ったドノバン
ジョージ・ハリソン、ブライアン・ジョーンズのシタール。
トラフィック、ムーデイ・ブルース ・・
などなど、
当時のヒット曲にインド音階が多用された。
そのようにインド音楽系商業ヒット曲もいいのだけれど、

インド音楽と言えば、
わたくしのふぇいばりっとは、
シャクティ。
それはまた今度。

あっ、そうだ、

ブリティッシュロックシーンに初めてシタールを持ち込んだのはジミー・ペイジ。

と、
うちのダンナが言っていた。わたくしが言ったのではない。苦情はダンナに言ってくれ。

サイケディリックムーヴメント とか、
みなこぞってシタール、タブラを演奏。

当時、猫も杓子も競うように装ったカフタンもインドの民族衣装。
ファッション界においても重要なのである。

そのように
ロックとういフィルターを通しても、
インドの音楽は魅力的だし、
あの、シタールの音色を聴いただけで、おサイケってこんな感じ?と、
しらふでハイな気分が得られる。
インド音楽、シタール = サイケ ∴ ナチュラルハイ
つまり、
インドCOOL なのである。

イギリスという国は
1950~60年代の移民政策により
インドやパキスタンの移民が多いのだ。

なので、
インデイアンテイクアウエーのカレーレストランや、コーナーショップ、フィッシュアンドチップス屋など
そして、医者、歯医者なども中央アジアの方たちが多いのである。
大きなコミュニテイーもあり、
インドのお祭りとかもフツーにあったりする。

であるからして、
イギリスにいながらインドを堪能できる。

ちゅーーーことで、
この前、
「シタール&タブラの調べギグ」に行ってきた。 やっと本題。キターーー!

DSC02639.jpg


見て。この二人。美男美女。お姉ちゃんと弟くんだって。


観に来ている人たちはほとんどインドの方たちで、ここ何処??って感じ。
なんつーか、
わたくしの隣りのおじさんとか、そのほかの年配のインドの方々は、
この複雑極まりないリズムの曲のブレイクとか終わり方をしっていて、
拍子をとる手のふりとタブラーがどの曲もシンクロしていて、
最後とか、ぴたっと一緒に終わるのでR

それは、リズムのパターンというか、タブラ奏者のお兄さんは
「コンポジション」と言っていた。
それを演奏の前に口で言ってくれるのだけれども、それと「ラーガ」とういなんか知らんけど
決まり事みたいなんがあって、それで、
即興みたいだけど、どこで止まるか、どこで終わるか、把握してるみたい。
お客さんもしかり。

わたくしは、
これは、応援合戦の、
さんさんななびょ~~~~~し!!  とか
ひけんななびょ~~~~し!! とかの、もっともっともっと複雑バージョンなんだな。 と、
中坊レベルで理解した。

それにしても、
なんじゃ、この一体感。 ここで、この間でシンクロするってーのが醍醐味なんだろう。

ーーーわたくしたちおいてけぼり。😢みたいな。


今度また5月にギグがあるようなので
観に行きたい。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

イギリスにおける「チキンカツカレー」の独り歩き

みなさま、こんにちは。
イギリスの食文化に

「これ、フツーにまずくね?」 と鋭くジャッジのメスを入れるがのごとく、

ヘゲレス食のレポートをお届けする
わたくし、ジョセフィーヌ白滝。


日本食と言えば ス~シ~(寿司)、テンプ~ラ~(天ぷら)しかない。
それだけ。 と思っていたイギリス人も、
少し食に対してオープンになったのか、お勉強したのか、
最近では、ラーメン、ギョーザ、抹茶ケーキなどの言葉が地方都市の末端の村に住むわたくしの耳にも届くようになった。

今日、飛躍的な広まりを見せ、UK国民権を得たと思われる

「チキンカツカレー」  について言わせてくれ。

わたくしがイギリスで「チキンカツカレー」 とご対面したのは、
今から約20年前、ロンドンの「WAGAMAMA」だった。 わたくしは焼うどんを、友達はチキンカツカレーをオーダーした。
わたくしのオーダーした焼うどんがチョーまず、チョー甘く、確かメニューに「甘い焼きうどん」とかなんとか書いてたと思うが、とりあえずまずく、友のオーダーしたチキンカツカレーは見た目フツーの日本のチキンカツカレーで、一口味見させてもらったが、悪くもなくすっごい美味しいわけでもなくフツーにチキンカツカレーだった。わたくしも、チキンカツカレーにすればよかったとチョー後悔。と、そんな、まず味のおもひで。

わたくしたちの
チキンカツカレーの 定義
~~~カレーライスの上にチキンカツがのっている。 ~~~ 



あれは、2年ぐらい前だろうか、わたくしの所属してたスポーツクラブにカフェレストランがあるのだけれども、

そこのメニューに、ジャパニーズスタイルカリー 「チキンカツカリー」と銘打って書かれてあったので、

オーダーしたのであるが、

でてきたのは、
グリルチキン、ちいさなレメキンに入ったカレー粉をブイヨンで溶いただけのようなカレーソース、気持ち程度のコールスローサラダ。以上。

思い出してくれ。チキンカツカレーの定義を!

チキンのカツ部分どこ行った~~~!?それ重要ポイント
ライス無いし~~。ソースってこれディップ用??

で、日本のナポリタンのようにトンチンカンだけど旨かったらいいのだけれども、

「これ、フツーにまずくね。。。。」

20年の月日を経てロンドンから地方都市に伝来されたチキンカツカレーは、衣を脱いで独り歩きしていた。



最近では、UKっ子のソウルフードだと察するペイストリー(パイ)のチェーン店「GREGGS」 で

チキンカツカリー の文字を発見。

もう買うしかないだろう。

DSC02787.jpg

何やら、パイの外側にパン粉を付けてカツっぽく仕上げたのだろうか?
うんうん、どうやら、カツ=パン粉 と認識はしているようだ。そこは評価するべき点。
(正しくはチキンをパン粉をまぶして揚げたものだけれども)

割ってみよう

DSC02788.jpg

予想通り、チキンカリーが中に入っている。 チキンカツとカレーではなかった。

このカレーフィリング、味もまあまあ美味しい。フツー 。どちらかと言えばタイ風なお味。

が、

外側のパイの部分、カツ=パン粉という知識が裏目にでた。
外側チョー硬し、口切れそう。ごわごわ。痛いし。 
別にそこはカツ(パン粉)じゃなくてもフツーのパイ生地でいいやん。
みたいな残念なことになってしまっている。
「これ、フツーにまずくね?」 である。

それに。

ネーミング
チキンカリーパイ でいいやん。

どーしても
ネーミングに「カツ」を入れたかった企画促進部の努力のタマモノ。

チキンカツカリー独り歩きである。

チキンカレーペーストは美味しいので、買ってみる価値あり。
カレーパンっぽい。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

FC2Ad