ブリティッシュ ロックなお話し

UK生活?We can have some tea。70’Sロック好きが綴る魂の 声にならない絶叫にも似た日々のたわごとへの誘い.....

# プロフィール

ジョセフィーヌ白滝

Author:ジョセフィーヌ白滝
イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。

# ランキング

面白かったらクリックお願いします。

# 最新記事

# カテゴリ

「サムライは中国」 と美術の先生が言った件。イン・ザ・UK

あ~~あ。

ティピカル ブリティッシュ。

イギリスあるある

でござる。

もう、こんなことでは何も驚かなくなったわたくし。

新学期がが始まり、
娘の学校もスタートしたわけだけど、いきなりイギリスあるあるですわ。

アートの授業が
「オリエンタル・アート ジャパン、チャイナ」 についてらしい。
そして、

娘が言うには、
アートの先生が

「サムライはチャイニーズだよ。」


教壇で、生徒の前でそう教えたらしい。

うちの娘は、

サムライは日本です。

と発言し、(偉いぞ!娘!!)
ティチャーの間違いをただしたようだが、
帰ってきた言葉が

ああ、そうなの。 では、つぎの・・・・・ と

なんやどっちでもええやん、そんなこと。と言わんとばかりに
さらっと流されたらしい。

どうよこれ。

どうなのよ~~~~~!!ヽ(`ω´*)ノ彡☆

一教員として間違ったことを堂々と生徒に教えていいのか??
この国の教員レベルの低さにドン引き。まあ、今に始まったことではないので
引きまくりで、引きの伸びしろもうない。

中国にも「サムライ」みたいなひとはいるだろう。
三国志に出てくる人たちとか。
でも、それは「サムライ」とは呼ばないだろう。ちゃんと中国語の言い方があると思う。
サムライは 侍 は日本だろうよ。
「お侍さん!新右衛門さん!」と一休さんも呼んでいた。


ジャパンアートと言えば、浮世絵、葛飾北斎、
それも、イギリス人どもにすれば、チャイナなんだろう。つーか、

同じアジアでひとくくりっちゅーやつですわ。

映画「ラスト・サムライ」もチャイナのお話しだとおもってるイギリス人どもも多いだろう。

もしも、もしもよ,
日本で
ロンドン塔の警備につく ヨーマン・ウォーダーズ(ビーフィーター)はフランスです。
と教え、間違いをただされても
同じヨーロッパでひとくくりね~~~(^-^)/。
みたいな
そのような言い訳は通じない。決して。


そうだ!💡

おうっ
こうなったら目には目を。

そっちがそうなら、

こちだって 同じヨーロッパひとくくり で話してやろうじゃないの。

ああ、ハロッズね。イタリアの高級デパートよね!
とか、
ああ、ビートルズはドイツのバンドよね~~。え?イギリスだって?まあ、同じヨーロッパね。♥
とか、
・・・・・・・(°_°)

アホと思われるので やめておこう。。。。


とにかく、

サムライは日本。
侍魂。大和魂。富士山麓にオウム鳴く。
イギリスの先生たちよ、ちゃんと勉強してくれたまえ。

侍は日本人

そしてサムライは、花園で眠れる時もあるんだよ。

わたくの場合、


わたくしの場合、

サムライは、

サムライは---------


ジュリ~~~~~~~~!!


なわけで、

沢田研二 「サムライ」




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

1mmも前に進まぬ「バイシクル・レース」

♪バァーーイシクル!

      バァーーイシクル!♪



かろやかにハモリで始まる

クイーンのバイシクル・レース

DSC_1436.jpg

シングル買ったな。当時。

やっぱり、自転車に乗ると自然に出てくるこのメロデイ

・・・・

でも
正確に言うとわたくしのそれは自転車ではない。
それに別にレースでもない。

・・・・・・

いや、

ある意味

人生を賭けたレースなのか。



日本での暴飲暴食がたたり、まあ、それも覚悟の上だったけれども、かなり増量した。
水太りによる増量は最初の2日で減ったのだが
いわゆる、焼き肉とかぁ(⋈◍>◡<◍)。✧♡、らーめんとかぁぁ♥、お寿司とかぁぁ、
実質分が旨味成分として(たぶん)、付着してしまっている。
例えば、ラーメンの旨味、黒毛和牛の背脂が、背だけにはとどまらず、
わたくしの体の至る所にジャストミート!みたいな。


かなりヤバい。


「こっちでは普通体形よ」

などとのたまう、 UKマジックから目を覚まさなくては、この先デブ街道まっしぐら。


そんなダイエット中のわたくしの為に、
今までカロリーなど気にしたことないのに、やたらカロリーを気にするわたくしを見かねてか、
義理妹がエアロバイクを貸してくれた。

My bicycle は

エアロバイク。



只今、物理的に1mmも前に進まぬ己とのレースが繰り広げられている。

エアロバイクだからね。☆彡 

とりあえず、減量。エクササイズなんだよ~~。
わたくしの場合。
エアロバイクに乗りたいんだよ~~。
エアロバイクに乗りたいんだよ~~~。
シャークとかジョーズとかスターウオーズとかカンケーないんだよ~~。
アメリカの大統領なんかにもなりたくないんだよ~。




敵は己の中にあり。
このレースに勝つ!!

Fat bottomed girls they'll be riding today
などと言わせるものか!

いつかはいた、27インチのジーンズをもういちど。・・・・・・・(-∀-)
・・・・

バイシクル・レース

久しぶりに聴いてみると、
ものすっごく欲望を直球で歌った詩なのね。

ここでの欲望は
自転車に乗りた~~~い!と フレディさんは歌ってるわけだけど、
比喩的解釈は人それぞれってわけで、それはおいといて、


はじめはきちんと韻を踏んでたのに、
SHARK  から 同じサメである、JAWSになって、
同じ時期に流行ってた映画、スターウオーズが出てきたり、
すっちゃかめっちゃかになって、
どうでもいいから、自転車に乗りたいんだよ。
とりあえず、自転車、自転車、自転車乗りたい!という欲望のかたまりみたいなうた。

こんなにも、煩悩にまみれた歌詞を
讃美歌のようなハーモニー。なんて美しいはもり。

これこそが、フレディの美学なのか。

などと、

エアロバイクに乗りながら思ったのであった。


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

グッバイ。Blackberry Way

わたくしの家の裏にひろいフィールドがあり、
そこに、住宅が建設される、されない、と何年か前からいろいろとすったもんだもあったようだが、
ついに、

ついに、

開拓の足音がひたひたと迫ってきて、建設が本決まりになったらしい。
本当ならこの4月に工事着手だったのだが、
うちも含めてご近所さん何軒かの裏のガレージに通づるドライブウエイが工事のために
8週間も封鎖されることに!!
なんだとおうっ!

そんな、たまったもんじゃない。こまります。住宅建設なんてもとから反対なのに、
そのうえガレージが8週間も使えないなんて。どないしてくれるん??
で、抗議、話し合いの結果4週間だけ封鎖になるらしい。
そのあいだ、車は路駐。
で、工事は9月半ばからはじまるらしい。。。。

やっぱり始まるのか。住宅の建設・・・・・・・

裏の、草ぼうぼうのドライブウエイ。
田舎道っぽくて好きだったのに。
もうすぐなくなってしまうのね。( ;∀;)

DSC03807.jpg

フィールド側のフェンスには草が覆い茂り毎年ブラックベリーが沢山実をつける。
毎年、実を摘んではクランブル、パイに入れたり、シロップを作ったりしてた。

来年はもう、ブラックベリーは摘めないのね。
今年でおしまい。

今年は豊作のうちの庭でとれた不細工なペアーと一緒に記念撮影


DSC03806.jpg

ペアー&ブラックベリークランブルとして有終の美を飾ってもらい


DSC03810.jpg

その後頂いた。

グッバイ。ブラックベリー。 

グッバイ。 ブラックベリーウエイ。







ああ、、なんだか悲しいなぁ・・・😢
 
どうすればいいのだろう?



言っておく。

絶対、

100%

4週間では終わらない。

ドライブウエイの封鎖は当初の8週間になるだろうよ。
いや、もっとかも。
仕事超遅いねん。こっちのビルダー。

♪What am I supposed to do now?~~♪



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

例えるなら アイアン・バタフライ 

日本から帰ってまいりました。
蒸し暑い日本からの帰国で、こちらUKの風は心地よくも、肌寒くも。しかし、日差しはキツイ。湿度がない分じりじりと痛かったりする。

ああ、、日本は楽しかった。温泉三昧に、東京スカイツリーにも行ったし、徳島でサーフィン。
そしてそして食べた。食べた。食べ物三昧!
日本っていい国。
食べのもサイコーにうまい。何でこんなにも食べ物美味いんですか?日本って。
わたくしは決めていたのである。もうどうなってもかまわない。日本で旨いもの食べて食べて悔いのないよう食べつくしてやると!
もう、食べるというよりは喰らう。

口に食べる書いて 喰らう 

そう、この1か月、家畜のように喰らったのである。

であるからして、

前回書いた記事、
ペインティット・レイディ 蝶のごとくひらひらと華麗に日本からUKに舞い戻ってきたかったのだけれども、
そんなことは戯れ言。
わたくしは、ヘヴィーになったのである。ひらひらでは到底あるまい。
そう、

まだしつこく蝶に例えるなら、

アイアン・バタフライ  だ。

と、 思い出したのが アイアン・バタフライってバンドあったな。おサイケUSバンド

むっちゃ久しぶりに聴いてみよう。

そうしよう。

こんな紹介の仕方ですまねえ。アイアン・バタフライ。



ファズギターとこのオルガンの音色!!おサイケだわ~~~~ヽ(≧∀≦)ノ♥




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

PAINTED LADY 到着!! 


PAINTED LADY



知っているかい?

そろそろ
PAINTED LADY が現れる季節だ。

ちょっと、かっこよさげなバンドネームみたいなひびきだけど


PAINTED LADY は 蝶。

蝶は蝶でも、

この PAINTED LADY は 超すごい旅好きの蝶。

渡り鳥ならぬ、渡り蝶

UKの場合、大体のPAINTED LADYが 

モロッコ から

地中海を越え、スペイン、フランス、イングリッシュ海峡を横切り

ここUKまで渡ってくるらしい。

そんな 超凄い蝶が

うちの庭に到着した。

今年一番乗りの PAINTED LADY


DSC03380.jpg

もうちょっとクローズアップ

DSC03384.jpg
「むっちゃ疲れた~~~~。超長旅やったわ~~。」


お疲れさんです。
DSC03385.jpg

大好きな Butterfly bushes で休んでくれたまえ。




そして、



わたくしは日本へ旅立つ。

ああ。
2年ぶりの日本。
ワクワク。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



FC2Ad